いつもお金に余裕がない人の3つの共通点

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFをプレゼント中(#^^#)

詳細はこちら↓

↑こちらからお受け取りくださいね。

お金の余裕があるかないかは、収入の多寡は関係ありません。
いつもお金に余裕がない人には共通点があります。
その3つの共通点を紹介します。

いつもお金に余裕がない人の3つの共通点
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・お金に余裕がないと感じる方
・お金に余裕がある生活をしたい方
・これからお金を貯めたい方

お金の余裕がない人の3つの共通点

冒頭にも書かせていただきましたが、
お金に余裕があるかは、収入は関係ありません。
収入が多くても、支出もその分多くいつもお金に余裕がない人もいれば、
収入は少なくても、家計管理をしっかり行うことで、毎月コツコツお金を貯めて自分の人生で大切にしていることはしっかりお金を使えているので、お金に余裕を持っている方もいます。

お金に余裕がない人の3つの共通点を紹介します。

優先順位がつけられない

欲望に優先順位をつけられないということです。
あれもこれも・・・と興味がたくさんあることはとてもいいことですが、
結局浅く広く手を広げてしまうと意識も散漫になってしまい、趣味も学びも成果が出にくくなります。
また家計を改善したいと思いながらも、自動車を買いたいのようなケースです。
まさに二兎を追う者は一兎をも得ずのことわざ通りです。

あれもこれもではなく、その時点で緊急度の高いほうをまずはやるという優先順位を付けることが大切です。

あれもこれもは結果成果を得られないということですね。

先延ばしにする

意思決定を先延ばしにするということです。

どういうことかというと、このままではまずいとは思いながら、
「今は忙しいから・・・」
「〇〇が落ち着いたら・・・」
というように意思決定を先延ばしにします。

例えば、生命保険の見直しや、住宅ローンの見直し、通信費の見直しなど
なんとなく変えたほうがいいかも・・・と思いながらも、最初の手続きが面倒に感じることがあると思います。
こういったことをまずいとは感じながらも先延ばしにしていると、
結局は払わなくていいお金を払い続けることになります。

めんどくさいからと先延ばしにしていては課題はいつまでも続き、
時間が経つほど損するお金は膨大になりお金の余裕はますますなくなります。
先延ばしのつけは自分が払うということになります。

責任を自分に向けない

家計の予算がオーバーし、家計が逼迫しているという時に、原因を環境や人のせいにしてしまうことです。
家計が逼迫している原因を、
「冠婚葬祭が続いたから・・・」
「コロナでいつもより食費がかかったから・・・」
というようにできなかった原因を自分ではないところに向けてしまう方は、
いつもお金に余裕がなくなってしまいます。

もちろん環境が・・・ということもありますが、
環境や人のせいにしても状況は改善できません。

現状を把握して、改善するためにも自己責任という考えを持つことが大切です。

まとめ

いつもお金に余裕がない人の3つの共通点について紹介いたしました。
家計を改善し、お金に余裕を感じられる状態にするには、今日お伝えした共通点の逆をすればいいということですね!
・優先順位をつけたれない⇔優先順位をつける
・先延ばしにする⇔先延ばしにしない(問題点はすぐ解決)
・責任を自分に向けない⇔責任を自分に向ける(自己責任)

いつもお金に余裕がない・・・という方は、今日の3つの共通点に当てはまってなかったか考えてみましょう!
もし思い当るならばぜひ逆の習慣を取り入れてお金に余裕のある人になっていきたいですね(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFをプレゼント中(#^^#)

詳細はこちら↓

↑こちらからお受け取りくださいね。

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました