『30代、40代「貯金ゼロ」が23%』という調査結果を見て考えたこと

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

さて今日は、先日ヤフーニュースで目に留まった

『30代、40代「貯金ゼロ」が23%』という調査結果を見て考えたことについてです
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・30代、40代貯金ゼロまたはゼロに近い方
・『30代、40代「貯金ゼロ」が23%』という調査結果をご覧になった方
・同年代の貯金事情に関心のある方

『30代、40代「貯金ゼロ」が23%』という調査結果の内容とは

SMBCコンシューマーファイナンスが3月6日に30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表しました。

「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6%増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。
貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。消費について9割近くが「無理せず買える範囲で買う」と回答し、堅実な消費意識が浮かんだ。
「年収がいくらだったら結婚、出産しようと思えるか」との問いでは、結婚が500万円以上、出産は600万円以上と答える人が多かった。
スーパーなどで「現金よりキャッシュレス決済が多い」と答えた割合は、30代が52.8%、40代が53.4%で、昨年調査した20代の44.1%をいずれも上回った。同社は、子育てなどで出費がかさむ中年世代ほどクレジットカードやQRコード決済のポイント還元を重視しているためとみている。
一方、「メルカリ」のようなフリマアプリに直近1年間に出品した人は16.5%。年代別では20代が30.4%と高く、年齢を重ねるごとに低かった。
(ヤフーニュースから引用)

《現在の貯蓄額と平均額の変化(2018年と2019年調査)》

このニュースが発表されると、ネットやSNSでもかなり注目されていたので、
「みんながどれくらい貯金してるんだろう」ということはみなさんとても興味を持っていることがうかがえます。

この記事を見て私が考えたこと

最近は30代、40代になったから給料が上がっていくという時代ではないという現状と、少し前まで言われていた「景気回復」が働き盛りの賃金上昇につながっていないという現状があるかと思います。

ただそれでも30代、40代で貯金がゼロというのは、景気とか日本経済に責任があるだけではなく、お金を貯めるということをしてこなかったという自己責任もある程度はあるのではないかと考えます。

色々なお客様と接していると本当に実感するのは、貯金の多寡は収入と比例するわけではないのですね。もちろん収入が高いほうが有利ではありますが、収入が高くても貯金が少ない方もいらっしゃるからです。

資産形成=収入ー支出+(資産×運用利回り)

お金を貯めるための唯一の方法が↑の式で表される方法しかありません。
シンプルに、
①収入をふやす…給料上げる、共働きする、副業する など
②支出を減らす…節約する、節税する
③運用利回りを上げる…資産運用する(積立NISAとかidecoの活用など)
という3つの方法しかありません。

給料が少ないなら、②の支出を減らして数千円でも毎月捻出するしかないのですね。
たとえ数千円でも毎月少しずつでも貯めていくことで、10年、20年継続したら少しまとまった金額は作れるものです。

まとめ

30代、40代で貯金がゼロというのは、厳しい現実だと思います。
時代がとか、景気がと嘆いていても事態は好転しないし、ずっと不安なまま老後を迎えることになるのではないでしょうか。
今貯金ゼロでも挽回できるギリギリの年齢が40代前半くらいまでではないかと思います
今一度、
①収入をふやす
②支出を減らす
③運用利回りを上げる
について現状を把握した上で、毎月数千円でも資産を形成する仕組み作りに挑戦していただければと思います。

お金を貯める、資産運用について個別コンサルティングを承っています。
詳しくは⇒こちら
おぱんはどんな人⇒こちら

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント