【投資信託】アクティブファンドとインデックスファンドどちらがいいか?

こんばんは✨

はじめましての方はこちらから→プロフィール

今日は投資信託で運用する際、アクティブ運用とインデックス運用どちらを選択したらいいのか?を考えてみます
今日の記事はこんな方のお役に立てます
・アクティブファンドとインデックスファンドどちらがいいか迷っている方
・今投資信託をアクティブファンドを勧められているが注意点が気になる方

インデックスファンド

インデックスファンドは、日経平均株価やNYダウなどの株式指標(インデックス)と同じ値動きをするように作られた投資信託です。インデックスファンドは株価指数に連動するというシンプルな作りのため、ファンドマネージャーが銘柄を検証するということを行っていないため、人的コストが低く、運用にかかる手数料が低く抑えられています
また値動きがわかりやすいということもあります。例えば日本株式に投資する日経平均株価に連動するインデックスファンドであれば日経平均株価が上がればファンドも上がるし、日経平均株価が下がればそれに連動して下がるというように、日経平均株価を見ておけば値動きがわかります。

アクティブファンド

インデックスファンドが株式指標と同じ動きを狙うのに対して、アクティブファンドは様々な運用方針に沿い、市場の平均以上の利益を出そうとするものです。
例えば、株式に投資するファンドでいうと、これから成長が見込める銘柄に投資する「グロースファンド」、企業の指標と株価を比較し、割安と判断される銘柄に投資する「バリューファンド」のような運用方針があります。
運用のプロであるファンドマネージャーが、銘柄を細かく検証するといった人的コストがかかるため インデックス運用よりコストが高くなるという傾向があります。

どちらがオススメか?

アクティブファンドは、運用のプロであるファンドマネージャーが銘柄選びや検証を行うことで市場平均より高い利益を出すものなので高いリターンが期待できそうですが、投資信託の多くはインデックスに勝てない という事実があります。

アクティブ型がインデックスに負ける理由として、コスト(信託報酬)が高いという点があります。特に長期ではこのコストの差が大きくなります。もちろんアクティブファンドの中にも下記のようにパフォーマンスが良好な投資信託もあり、目論見書などでどのような方針でファンドが運用されるのかを確認し、納得のできるものに投資するのもいいでしょう。

アクティブファンドでは独立系投信のリターンが高くなっていますそのなかでも、主に日本株式で運用し独自の運用方針で人気を集めるアクティブファンドの1つにレオスキャピタル(上表レオス)のひふみ投信があります。ひふみ投信は「守りながらふやす」の方針をもとに、成長が期待される企業・株価水準が割安な企業に投資をしています。

⇒アクティブファンドは運用方針を確認しそれに共感するものを選択するということが必要になります。ですので…

アクティブファンドの銘柄選びが面倒という方…基本的にはインデックスファンドから選択しましょう
アクティブファンドにも興味ある、どんな運用方針か調べてみたいという方…インデックスファンドとアクティブファンドを組み合わせて保有しましょう。

私の運用は…

ちなみに私はアクティブファンド:インデックスファンド=3:7 くらいで投資しています。
アクティブファンドは、直販の『ひふみプラス』『さわかみファンド』『セゾングローバルバランスファンド』を選択しています。ご興味ある方は過去の実績もある直販投信から運用方針に共感するものから選択してみるのもいいかと思います(^^)/

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

お金をふやす
老後の資産に3,000万円差がつく OL資産革命 『マネーレボリューション』

コメント