通帳有料化の時代に考えること

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

現在LINE@のご登録で
『老後のお金早わかりシート』
無料プレゼント中🎁老後にいくら必要が知っていますか?
・老後に必要なお金が知りたい方
・老後の備えを始めたい方は下記からご登録の上、計算してみてくださいね(*^^*)
↓ ↓ ↓

さて先日みずほ銀行で通帳が有料化されると発表されました。
いよいよ紙通帳が有料化されより銀行もオンライン化へ舵を切りましたね。
通帳の有料化で考えたことについてまとめました。

通帳有料化の時代に考えること

さて先日みずほ銀行で通帳が有料化されると発表されましたがご存知ですか?
2021年1月から預金通帳を発行する際に税込1100円の通帳発行手数料をとると発表しました。
2021年1月18日以降に新規口座を開設する人が対象で、
それ以前からの預金者や70歳以上の高齢者は対象外という内容です。

紙の通帳の代わりに、オンラインで確認できる“デジタル通帳”を提供し、
パソコンやスマートフォンで最大10年分の明細が閲覧できるものだそうです。

「窓口やATMで振り込みなどの手続きをする」
「通帳に小まめに記帳しながらお金の出入りを管理する」
「口座にお金を入れておけば安心・安全」
・・・

そういった”旧来型の銀行”から
新しい時代に向けて金融機関も過渡期を迎えていることを感じます。

お客様をデジタル通帳やオンライン取引へと誘導する流れは今後も加速していきそうです。
銀行が旧来型の銀行から変化する中で、私たちも銀行との付き合い方を変えていく必要があります。

考えられる選択肢のひとつがネットバンクの活用です。
ネットバンクを活用すると、金利が高い定期預金もあります。
たとえばオリックス銀行の定期預金は1年もので0.12%、3年もので0.27%となりますし、
楽天銀行でしたら、楽天証券を連携させることで普通預金でも0.1%になります。

インターネットが使えるなら基本的には店舗に行く必要がないため、
預金金利や各種手数料などのサービス内容でネットバンクを利用するのが良さそうですね。

ただ、ネットバンクの中には、
お問合せにも電話がなかなかつながらなかったりするケースがあるので
パソコンやスマホの操作に自信がない中高年の方の場合、
何かあった時に窓口に相談できるメインバンクのネットバンキングサービスを利用するのが現実的かもしれません。

メガバンクもネットバンキングに力を入れています。
例えばみずほ銀行はインターネットを通じた振り込みの場合手数料が減額されるとか、
三菱UFJ銀行も本支店間の振り込み手数料が無料になるなど、
インターネットサービスを利用するとむしろ手数料が安くなるというサービスを展開しています。

『預けておけば安心』と思われてきた銀行預金には手数料のほかにもリスクが出てきています。

金利がほとんどつかない銀行預金には、物価上昇に負けてしまうというインフレリスクがあります。現在、世界各国の中央銀行は金融緩和で大量の資金を世界中にばら撒いています。
貨幣の流通量が増えれば、相対的に現金の価値が下がって物価が上昇するインフレのリスクが高まることになります。

日本では、
現在の預金金利は0.001%程度で、100万円を1年間預けても10円の利息にしかなりません。
たとえば年率1%物価が上昇した場合、銀行に預けているだけでは、持っているお金の価値がどんどん目減りしていくことになります。

まとめ

このように銀行も現在は変革の時を迎えていて、
手数料の見直しやネットサービスの強化を行っています。
ただ銀行に置いておいたら安心という時代は終わりました。

私たち利用者もネットバンクまたはネットのサービスをうまく活用したり、
預貯金は、資産を増やすためではなく保管のために行なうもの、インフレリスクに強くないため、増やすなら投資を検討する・・・
というように目的によって使い分けていきたいものですね!

在宅の時間が増えた夏休みに老後のお金の準備を始めたい方はぜひ下記から、
お友達登録くださいね!
『老後に備えるお金がわかる計算シート』をプレゼントさせていただきます🎁

↓ ↓ ↓


↑こちらからLINE@にご登録できます(*^^*)

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました