お金の引き寄せより大切な実際に資産額を増やすこと

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

スピリチュアルのなかでも、『お金』をテーマにしたお話は多く人気もあることから、『お金』は多くの人の関心事であるかと思います。


お金の引き寄せで、よく言われるのが『お金のブロックを外す』とか『お金のセルフイメージを上げる』ということです。
もちろんお金へのマインドを整えることは大切なのですが、
FP的な目線でいうと、

お金の引き寄せより実際に資産額を増やすことのほうが大切です
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・お金に対するセルフイメージをあげたい方
・お金の引き寄せの本を読んだけどお金の不安が消えない方
・お金の引き寄せの本を読んで、お金はある と思って過ごしているが実際には増えていない方

お金の引き寄せでよく言われるのが・・・

引き寄せでよく言われているのが、
例えば、
・すでにお金があると思って過ごす
・エネルギーがあがればお金はどんどんやってくる
・お金を使えば必要な分入ってくる
などではないかと思います。

世の中、お金を引き寄せるマインドばかりがあふれていてそれを読んで「お金に恵まれよう」とする方が多いように思います。
もちろんマインドやお金の使い方はとても大切です。
しかし、実際お金を引き寄せるマインドでお金が確実に手に入るかは分からないですし確実性のないものです。
また資産運用とか投資は面倒だと思って取り組まない人が、本を読んでお金を引き寄せようとしていても、そもそもお金のマインドを上げることは難しいのではないかと思うのです。

お金持ちになるための習慣でよく言われているのが、『お金と仲良くなる』ということです。
資産運用や、お金を実際に増やすことを学ぶことでお金と仲良くなると、自ずとお金に対するセルフイメージも上がってくるのではないでしょうか。

お金の引き寄せを考える前にしたい資産額を増やすこと

つまりFP的な目線で言うと、
お金を引き寄せるマインドを学ぶよりも前にお金を増やす方法(資産運用)そのものを学んだ方が着実にお金は増えていくということです。
お金を学ぼうともせず引き寄せようとするだけではお金は増えにくいのではないか…と思うのです。

確かに日本では
お金に対するセルフイメージは低く、お金の話し自体がタブーという感覚もありますし、お金持ちと一般人のお金のマインドにも差が大きくあるので、そういった内面的なこともお金を増やす上で大切なことは間違いないです。

でも、何事も行動しないと手に入らないようにお金だって学ぶことはせずただ
「お金を引き寄せるにはエネルギーを高めよう!」
「お金はつかうほど入ってきます」
と本を眺めているだけで、お金は実際増えるかというと一時的には増えることはあっても確実性はないですよね。
また確実ではないからお金への不安が残るのではないかと思うのです。

FP資格者の立場からすると

・お金のセルフイメージをあげる
・お金をすでに持っている

このようなイメージを膨らますよりも前に、
実際に持っているお金の金額を膨らました方が早いし確実性も高いのではないかなと思います。

まとめ

お金を引き寄せたいなら

まずはお金について学び、お金を増やす行動をしてみることが最優先です。

実際に行動をすることで、お金の知識も増えお金に対するマインドも上がっていくからです

例えば、
・資産運用を学ぶ
・少額(何千円)から積み立てを開始する
など2019年は、実際にお金を増やす行動をしていきましょう♪

今は投資信託なら100円か投資できる時代ですから、誰でも投資はスタート出来るはずなんです。
お金は現実的に向き合うだけで着実にお金は増えていきます。

そしてお金の知識を増やし、実際に少しづつでも増やすことを実行した結果、
お金に対するセルフイメージは上がっていくはずです

お金を貯めたいなら、何もせずお金を引き寄せようとそこにエネルギーを使っているのは本末転倒ですよね。
お金のマインドを上げるのも大切ですがマインドを上げること以上に資産額を上げるような行動をしていきましょう(*^^*)

実際にお金を増やすための行動についてご相談を承っています⇒こちらをご覧ください。

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント