投資の神様バフェット氏が航空株を全て損切り『世界は変わる』

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつく独身OLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

GW企画!

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています
ゴールデンウイーク期間中今やるべきお金のことをチェックしませんか?

GW限定!
詳細はこちら↓↓↓

↑ゴールデンウイーク期間中にお金のことについて整理しましょう。

5月3日の日経新聞に『バフェット氏、航空株すべて売却 「世界は変わる」』という記事が出てました!投資の神様とも言われているバフェット氏が航空株を全て売却し5兆円の損失を出したという衝撃的な内容です。5兆円という金額だけでなく、航空業界はしばらくは戻らない・・・という『世界は変わる』という発言も注目です。
今日はこの記事について考えたことです。

投資の神様バフェット氏が航空株を損切り『世界は変わる』
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・航空株に関心がある方
・投資の神様がどのような世界を考えているか知りたい方
・航空株を購入するか迷っている方

投資の神様バフェット氏が航空株を損切り『世界は変わる』

5月3日にこのような記事が出ていました。
バフェット氏と言えば投資をしている方でしたら知らない人はいない投資の神様とも言われている伝説の投資家です。
その方の発言ですのでとても注目されています!

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイは2日、年次株主総会を開いた。バフェット氏は新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」として、保有していた米航空株を全て売却したと明かした。数々の危機を乗り越えてきた「投資の神様」は米国の明るい将来を信じつつも、コロナ後の世界を見据えて動き始めている。
(↑日経新聞から引用)

ここで注目したいのが、航空株を全て売却したということです。
バフェット氏の投資スタイルは割安な株を購入し長期で保有するというスタイルで基本的には短期で売買はしていませんでした。
そのバフェット氏が、2月に買い増ししたデルタ航空の株式を、すぐに見切りをつけたということですから航空株の今後によっぽど期待はできないと判断されたということです。
売却した航空株は、デルタ航空のほか、アメリカン航空、ユナイテッド航空、サウスウエスト航空の4社です。

実際に「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と悲観的な見方を示しています。

2月の時点ではコロナが収束したら、旅行など復活し飛行機は普通に運行されるようになれば株価は元に戻るだろうと思っていたけど、現時点では、3~4年後に普通に飛行機に乗る世界には戻らないと判断されているということです。

投資においても今までの常識は当てはまらないと考えたほうがよさそうです。
例えば、コロナが収束すれば飛行機や新幹線、百貨店、飲食店などで以前のようにお客さんが戻ってくるとは思わないほうがいいということです。

バフェット氏が率いる投資会社では過去最高の手元資金があるけど、3月株価は急落したが、バフェット氏は動きませんでした。
「感染第2波が来たときに米国社会がどう反応するのか分からない」。中長期では米国株に「強気」を維持しつつも、当面は慎重な投資スタンスをとる――。
としています。

まとめ

航空株に限らず、バフェット氏が中長期は米国株に強気を維持しつつも慎重な投資スタンスということを改めて一投資家として肝に銘じました。
日本の航空株でいうとANAやJALが人気ですが、これから騰がるか下がるかを推測するものではありませんが、今までのように飛行機が普通に飛び交う時代にはすぐには戻らないかも・・・ということも考えて慎重に投資判断したいものですね!

不況に備えて大切なお金のことで今やるべきことがわかります。
このゴールデンウイーク期間中に不況に備えて今やるべきお金のことについて整理しておきましょう。

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

GW限定!
詳細はこちら↓↓↓

↑ゴールデンウイーク期間中にお金のことについて整理しましょう。

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

 

コメント