年収が倍になるのと同じ幸福感が得られる誰にでもできる方法

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつく独身OLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

詳細はこちら↓↓↓

みなさん、年収が倍になったらうれしいですよね?
それと同等の幸福感が味わえると科学的にも証明されている方法があるのでシェアしたいと思います。

幸福度の上がるお金の使い方

幸福感の上がるお金の使い方

幸福感の上がるお金の使い方は大きくは下記の2つのパターンがあります。

・”モノ”ではなく”体験”にお金を使う
・人のためにお金を使う

です。

”モノ”ではなく”体験”にお金を使う

突然質問なのでずが、
『今までの人生でうれしかったことを3つ教えて思い出してください』

パッと思い出したことなんでもいいです!

・・・
・・・
・・・

私が思い出したのは、

・夫との結婚式
・小学生の時に家族で行った軽井沢旅行
・資格試験に合格したこと

でした。

この質問をするとほとんどの方が、
このように過去の体験や思い出の話をされることが多いです。

『ロレックスの時計を買ったこと』とか『〇〇円貯めたこと』のような物質的なことを今までの人生でうれしかったことに挙げる方はほとんどいません。

ほしかったものを購入した時というのは一時的にはとてもうれしい気持ちになりますがその幸福感というのは長くはもたないということがわかっています。

なぜ長くはもたないかというと
”モノ”を購入することの幸福感はそれ以降必ず下がるからです。

なぜかというと
”モノ”を購入した時点で、それは劣化していきますし、
新型モデルが出るとか
もっと高価なモデルを持っている人がいるというように

『他人との比較要素が生れるから』です。

一方で、
大切な人との思い出や旅先での絶景、
ホテルでのすばらしいホスピタリティ、
今後の人生が変わるような出会い・・・

というような体験はプライスレスの価値があるもので人と比較しようのないものです。
他人との比較ができない”体験”にお金を使うことが幸福度の高い人生につながるということです。

人のためにお金を使う

具体的にはどういうことかというと

人にプレゼントするとかごちそうするというような身近な人にお金を使うということはもちろん、
寄付するという社会のためにお金を使うというような行為のことです。

そしてこの”寄付する”という行為は、

年収が倍になるのと同じ幸福感が得られる

ということが科学的にも証明されています。

私は数年前からふるさと納税では災害地への寄付をしているのですが、
「頑張って得た報酬が自分以外の大切なもののために役立つ」という感覚は仕事に前向きに励む活力にもなったと思っています。

寄付と言っても金額は関係ありません。
無理のない範囲でできることを考えたいですね!
「社会のため」の行動が自らの幸福度を高めるうえで思わぬ効果があるかもしれません。

まとめ

幸福感の上がるお金の使い方についてお伝えいたしました。

私は特に40代になってお金の使い方を意識するようになり、
間違いなく幸福度は上がったと感じています。

歳を重ねるにつれて、若い時に無理して買った物が色あせて感じるようになり
物欲はなくなってきました。
その代わりに新しい学びや体験、もしくは社会のためにお金を使うことに喜びを感じるようになりました。

年収が倍になった時の幸福感を想像しながらぜひ人のためにお金を使うということを試してみてくださいね(*^^*)

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)

6月末まで!

詳細はこちら↓


↑6月末までのプレゼントですのでお早めにお受け取りくださいね♪

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました