『氷河期世代「生活保護入り」阻止へ早期対応』について考えたこと

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

先日就職氷河期世代が生活保護入りを防ぐため、3年程度の就職支援等支援していくというような発表がございました。2000年卒という氷河期真っただ中に就活した私は他人ごとではなく身につまされる思いで拝見していました。
そこで今日は、

『氷河期世代「生活保護入り」阻止へ早期対応』の記事を拝見し考えたことについてです

『氷河期世代「生活保護入り」阻止へ早期対応』の記事

10日の政府の経済財政諮問会議で、民間議員が提言した「就職氷河期世代」の集中支援。バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ。(桑原雄尚)

民間議員の提言は、3月の前回会議で安倍晋三首相が「就職氷河期世代への対応が極めて重要」と述べ、本格的な支援策の早急な検討を指示したことを受けたもの。厚生労働省も10日の会議で、支援強化に向けた「就職氷河期世代就職実現総合プラン(仮称)」の策定を打ち出した。

内閣府によると、就職氷河期世代を「平成5年から16年ごろに卒業期を迎えた世代」とすると、人口規模は30年時点で約1700万人で、このうち支援対象となるのはフリーターやパートといった非正規社員、無職など約400万人に上る。これらの人の多くが加入しているのは国民年金とみられ、高齢期に収入が月数万円の年金しかなくなり、そのまま生活保護へ転落することも予想される。

(産経新聞から引用)

内閣府によると、
就職氷河期世代を「平成5年から16年ごろに卒業期を迎えた世代」とすると、人口規模は30年時点で約1700万人で、このうち支援対象となるのはフリーターやパートといった非正規社員、無職など約400万人に上るとのことで、
これらの人の多くが加入しているのが国民年金で、高齢期に収入が月数万円の年金しかなくなり、そのまま生活保護へ転落することも予想される としています。

 

記事を拝見し考えたこと

2000年卒で就職活動をした私は、まさにこの氷河期世代の当事者で、就職活動の時を思い出すと悔しかったことを思い出します。
今まで勉強や運動など努力は認められてきた学生時代でした。
就活の時、真面目に勉強して大学に行ってもダメなんだということと、女性は会社に求められてないんだ という現実を目の当たりにしました。

どういうことかというと、
いわゆるいい大学と言われる大学を卒業しても、女性総合職は門戸がせまくほぼ採用されませんでした。でも男女雇用機会均等法という法律があるので表面的には女性は採用しませんと起票側も書けないので、受けても受けても書類すら通過しないんです。
私の友達で日本を代表する国立大学に行っていた人ですら就職できず院まで行ったとか翌年の公務員試験を受験したという人もいます。

つまり真面目に生きていても働く場所さえなかったんです。
非正規社員に留まった優秀な方をたくさん見るにつけ悔しい思いをしていました。

それが2000年から20年近く放置されたのに、将来の生活保護が現実みを帯びてきた今になって、『早期対応』ということに違和感を感じました。
社会人として一番学べる20年を3年の支援でカバーできるはずもないという思いもあります。

とは言っても、時代のせいにしてもしょうがないので、
もし氷河期世代で非正規やブラック企業などで、納得のいく職場や収入を得られてない方は支援を受けていただくことはもちろん、ご自身でも勉強して、この支援をチャンスに変えていくことが今からでもできることなのではないかと思います。
老後に向けて今の努力の積み重ねが将来の安心につながるものと私も頑張っていきたいと思います。

 

お金の話をしたい方、気軽にお金についてお問合せしたい方、お友達になりませんか?
セミナーの先行のご案内やプレゼント企画も考えています↓(#^.^#)
ご登録はこちらから↓

友だち追加

または@abq3861hで検索お願いします!

遠方や外出が難しい方もオンラインでご相談いただけます!ご関心ある方は、
詳しくは⇒こちら
おぱんはこんな人⇒こちら

 

↓Twitter始めました。ブログ更新情報もすぐわかるのでオススメです!

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント