将来のお金が不安ならidecoから始めよう!

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつく独身OLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

詳細はこちら↓↓↓

働いている方で老後のお金に不安があり、何から準備を始めたらいいかわからない・・・という方は、
まずはidecoから始めてみることをオススメします!
今日はそのidecoの基本をお伝えします。

将来のお金が不安ならidecoから始めよう!
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・将来のお金のことが不安
・老後のお金の準備を始めたい方
・公的年金だけでは足りないと考えている方

将来のお金が不安ならidecoから始めよう!

老後のお金に不安を感じている方には、基本的にはidecoをオススメしています。

idecoとは一言でいうと、
正式名称は“個人型確定拠出年金”で自分専用の年金のことです。
お金の預け先をidecoに変えるだけで、節税しながら資産形成ができるので、
老後のお金の準備をしたい方には使わない手はない制度です。

idecoをオススメする3つのポイント

①税金のメリットが大きい

最大の魅力は、年収と積立金額に応じて、所得税と住民税が毎年軽減されることです。
会社員や公務員の人は、年末調整のお手続きで還付が受けられます。
さらに、運用中の利益は非課税で、将来お金を受け取るときにも税制優遇があります。

②運用先を自分で選べる

定期預金や生命保険のような元本確保型の商品や、投資信託など自分で運用先を選ぶことができます。
投資に興味はあるけど、何から始めたらいいかわからない人も、投資信託を選択することができるので投資デビューを図るということもしやすいと思います。

③60歳まで引き出すことができない

idecoはあくまでも、公的年金の補完としての制度のため、60歳になるまで引き出しができません。
これをデメリットと捉える方もいらっしゃいますが、私はむしろメリットだと考えています。
60歳まで引き出せないので強制的に年金準備ができます。

ですので、これはむしろメリットと受け止めて、無理のない金額で継続することがいいと思います。

このようなお得な制度ですが、idecoには下記のように拠出限度額が決まっています。

idecoの拠出限度額

この上限額内で継続できそうな金額で始めることをオススメします。

まとめ

今日はidecoのポイントをお伝えしました。
老後のお金の準備を始めたい方にはオススメの制度です。

私は会社で企業型の確定拠出年金に加入していましたが、
退職したことで現在は個人型確定拠出年金に切り替え楽天証券で口座開設をしています。

この制度はこのように転職したりフリーランスになったり、主婦になっても継続できる制度なので老後の資産形成にぜひ活用したい制度だと思います。
60歳まで引き出せないという注意点があるので、継続できそうな金額で始めてみるのはいかがでしょうか?

現在不況に備えたお金の整理の仕方がわかり、今の時期にやることで、将来のお金に差がつく!
3分でチェックできる『コロナ不況に備えて今すぐやるべき3つのマネーシフト』を無料で差し上げています。

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)
こちらからお受け取りくださいね↓


↑ぜひ今読んでいただきたい内容です

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

お金をふやす
老後の資産に3,000万円差がつく OL資産革命 『マネーレボリューション』

コメント