日経平均22,000円回復!コロナバブルさなかに考える6月の投資方針

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFをプレゼント中(#^^#)

詳細はこちら↓

↑お早めにお受け取りくださいね(*^^*)

今日から6月ですね!
企業業績とは裏腹に株価は上昇し、6月1日には日経平均は22,000円を回復しました。
今の相場では投資方針を明確に持ってないと様子見しているうちに6月が終わってしまいそうなので改めて投資方針を考えました。

日経平均22,000円回復!コロナバブルさなかに考える6月の投資方針

最近聞くニュースは、
企業業績の悪化や倒産件数の増加・・・
雇止めや収入減など悪いニュースばかりで、
株価は下落していくのではないかと思われていました。

しかし実際は、
日銀の日本株の買い支えや、国の経済対策で市場に出回ったお金が株式市場に向かい、
4月5月は大幅に上昇する結果となりました。

3月大暴落から投資を始め、うまく上昇相場に乗れた方は大きく儲かったはずですが、
実際にそのような方はあまり多くはいないようです。

4月、5月は悪いニュースの中で聞かれるのは株価の2番底だったからです。
上昇はしているものの、いつ2番底がくるかわからないという相場の中では、
購入した株式を長く保有することは難しいことです。

私も上昇相場の中、短期的なトレードはしていましたが、
今振り返るとそのまま保有していたほうが儲かったとう銘柄ばかりです(^-^;
しかし、もちろんそれは結果がわかった今だからこそ言えることで、
コロナの第二波とか何か別の悪材料が出たりしたら、急に反落することは十分ありえたことだと思います。

4月、5月をふまえて考える6月の投資方針は、
・株式の短期トレード
・投資信託の積立

です。

投資信託の積み立てはずっと続けているので、
商品や金額なども変えずそのまま継続していきます。

株式はコロナショックが起こるまでは長期目線で考えてましたが、
現在は株価は割高感が出てきているため、長期で保有するよりは、上昇相場に乗って短期で利益確定する方針で考えてます。

その際に、
・投資ポジションを多く持ちすぎない
・欲張らない

ことに気を付けたいと思います。
コロナバブルとも言われる相場は、実体経済とは乖離していることは事実です。
バブルはいつかははじけるということは常に注意しておきたいです!

まとめ

今日は6月の投資方針について考えてみました。
相場はこのまま上昇するのか、二番底に向かうのか・・・は誰も予想できません。
この4月5月、色々な方の相場情報やブログ、レポート、YouTubeなど見ていましたがほとんど今回の相場を予想できていた人はいません。

短期の相場を見通すことは誰にもできないし、意味がないことです。

なので都度自分はどうするのか投資方針を考えておくことが大切だと思っています!
今月も上昇相場に上手くのり収益を上げられたらうれしいです♪

現在不況に備えたお金の整理の仕方がわかり、今の時期にやることで、将来のお金に差がつく!
3分でチェックできる『コロナ不況に備えて今すぐやるべき3つのマネーシフト』を無料で差し上げています。

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)
こちらからお受け取りくださいね↓


↑ぜひ今読んでいただきたい内容です

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント