60歳の4人に1人が貯金100万円未満⁉の現実

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

老後の2千万とか3千万が必要⁉と騒がれている一方で、先日保険会社の調べで『60歳の4人に1人が貯金100万未満』ということがわかりました。
そこで

60歳の4人に1人が貯金100万円未満⁉を見て考えたこと
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・老後の準備が視野に入ってきた方
・最近の老後に2千万の記事を見て不安になった方
・今貯金がない方

60歳の4人に1人が貯金100万円未満⁉を見て考えたこと

60歳の貯蓄金額の状況

60歳の貯蓄金額について下記のようなデータが発表されました。
平均貯蓄額が2,956万円(前年比+231万円)という数字だけを見ると『そんなに!』と見えますが
一方で貯蓄金額100万円未満が24.7%と4人に1人が貯蓄金額100万未満という現実となりました。

還暦人の貯蓄額 平均2,956万円 一方4人に1人が「100万円未満」
全回答者(2,000名)に、現段階の貯蓄金額(配偶者がいる場合は夫婦2人分)を聞いたところ、「100万円未満」(24.7%)が4人に1人の割合となりました。そのほか、「100~300万円未満」(11.3%)、「500~1,000万円未満」(11.1%)、「1,000~1,500万円未満」(10.4%)という回答が多く、「3,000~5,000万円未満」(8.7%)や「1億円以上」(8.1%)という回答が1割近くあり、平均額は2,956万円となりました。昨年の調査結果と比較すると、「100万円未満」は2018年20.6%→2019年24.7%と、4.1ポイント上昇しました。一方で、平均額は2018年2,725万円→2019年2,956万円と、231万円上昇し、今年の還暦人は貯蓄の格差が開く結果となりました。
「2019年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施 – プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命 から引用

今後は資産形成がより大切に

現在の60歳でもしっかり金融資産を貯めている方とそうでない方の格差が大きいという状況があります。現在の60歳というと、比較的終身雇用や退職金などに守られている世代だと思います。
ですのでその方の属性(どこの会社に勤めていたか)で金融資産の差が作られているように感じます。
現在の30代や40代は、就職氷河期で非正規雇用やブラック企業に甘んじていたり、リストラで転職を余儀なくされたりで、会社に勤めていたら安心という時代ではなくなりました。
会社に勤めていたら60歳まで勤められて退職金も受け取れて…みたいな方はむしろ少数派になるのではないかと思います。
そんな今の30代40代が60歳を迎える時には、どこの会社に勤めていたかではなく『老後の準備をしていたか』『資産運用をしていたか』で格差がより大きく開くものと考えています。

まとめ

今日は60歳の4人に1人が貯金100万以下という記事から、今後はより資産形成への取り組みが大切になるということを書かせていただきました。
またこの資産形成の取り組みは、

・お金が複利効果により増える
・お金の知識や経験が増える

という理由から、より早く気付いた方が理想の老後を叶えられる可能性か高いと考えています。

真剣に老後のマネープランを考えませんか♪
7月にオーダーメイドで考える『女性のためのマネープランを考えるセミナー』を開催したいと考えています(^^)/
LINE@から先行でご案内をさせていただくので関心ある方はぜひLINE@にご登録の上スタンプを押してください(^^♪

ご登録はこちらから↓

友だち追加

または@abq3861hで検索お願いします!

おぱんはこんな人⇒こちら

 

↓Twitter始めました。ブログ更新情報もすぐわかるのでオススメです!

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング




コメント