自然とお金が貯まる!銀行口座の数

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつく独身OLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

詳細はこちら↓↓↓

家計のご相談で、銀行口座の数はいくつが適切かという質問があったので、
いつの間にかお金が貯まるのに適切な銀行口座の数について考えてみました。

自然とお金が貯まる!銀行口座の数
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・銀行口座を整理したい方
・お金が貯まる銀行口座の管理方法が知りたい方
・これからお金を貯めたい方

自然とお金が貯まる!銀行口座の数

自然とお金が貯まるためにはお金の管理が大切になってまいりますが、
そのために必要な適切な銀行口座の数はいくつあればいいのか改めて考えてみました。

結論から言うと、私の場合は3つの銀行口座を使用するというところに行きつきました。

どのように分類しているかというと、

・メイン口座・・・毎月のお給料が振り込まれるメイン口座、生活費、カードや引き落とし用の口座

・特別支出口座・・・旅行や家電の買い替え、税金の支払いなど年間に数回かかる大きめの支出や何かあった時の生活防衛資金を置いおく口座

・貯める口座・・・3~5年先に使う予定のあるお金を貯めておく口座

です。

銀行口座が3つというともしかしたら多いと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
銀行口座1つで管理していると、使うと貯めるを兼ねることになるため、
せっかくお金を貯めていても、必要になれば下ろしてしまったりして結局お金が貯まらないということになってしまいます。逆にこれ以上口座数が多くなると管理が煩雑になってしまうので、3つがちょうどいいと考えています。
毎月収入が入ったら、一定額を各口座に入金し管理していくのです。
毎月の支出に必要なお金をメイン口座に残しておき、あとは特別支出用の口座と貯めるための口座に分けます。
これらのお金が確保できたら、更に証券会社の口座をプラスしてふやす口座を確保したいところです。
私の場合は、メイン口座を楽天銀行にして、楽天証券をふやす口座にしています。
楽天銀行からの天引きで投資信託を積み立てることもできますし、リアルタイム入金で手数料がかからずに証券口座に入金することもできます。何かあった時のための生活費と数年先に使う予定のあるお金が貯まってからふやす口座を作ってもいいですし、既に40代以上という方の場合は、並行して老後のお金をふやすための口座で積立を開始するのがいいと思います。
口座も一つですべてを兼ねるのではなく、目的別に3つに分けることで管理もしやすいし、
使ってしまい結局貯まっていないというストレスもなくなるものと思います。

まとめ

お金が貯まる最適な銀行口座の数について考えました。
結論目的別に3つに使い分けることをオススメします。
1つですべてを兼ねている方はぜひ貯めるための口座を作りましょう。
逆に会社から給与振込口座を指定されていたりで複数口座を持っている方は目的別に使い分けて、
不要な口座は解約しましょう。

更に余裕資金がある方はふやす口座として証券会社の口座を作って毎月積立投資までできると、
貯まるにプラスして増やす行動をすることで資産形成のスピードも早くなります!

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFをプレゼント中(#^^#)

詳細はこちら↓

↑こちらからお受け取りくださいね。

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント