老後のお金が不安になったらすぐに取り組みたい3つの行動

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

さて『老後のお金が2千万円足りない!?』という発表から老後のお金の不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらも参考にご覧ください(^^♪
過去記事⇒金融庁が宣言『老後は毎月5万円、自助努力が必要』
『老後は2千万円足りない?』情報に惑わされないために必要なこと

老後のお金が不安になったらすぐに取り組みたい3つの行動

本日の記事はこのような方のお役に立てます
・これからお金を貯めたいと思っている方
・なかなかお金が貯まらないという方
・老後の準備を始めよう!と決めた方

資産形成をするために取り組みたい3つの行動

1.貯める金額の目標を立てる

まずは、「老後に〇〇万円」というふうに具体的な金額の目標を立てましょう。
「お金が貯まったらいいな」とか「もっと貯金があればいいな」というのは、おそらく誰もが思っていることだと思います。
でも実際に貯められている方と、貯められない方がいるのは、具体的な目標があるかどうかによるところが大きいです。
お金って「漠然と貯まったらいいな…」くらいでは自然に貯まっていくものではないと思うのですね。

ずは『あと〇年で』『〇〇万円』と具体的に目標を決めてみましょう!

2.先取りの仕組みを作る

お金を貯めるためには、先取り貯金がおススメです。
1で漠然とお金を貯めたいと思っていても貯まらない理由として、先取り貯金の仕組みができてない方が多いように思います。収入ー支出で残った分が貯金ではなかなか貯まらないですよね。

会社員なら給与天引きができる財形制度や社内預金、天引きできる制度がないなら、銀行積立定期預金で設定してみましょう。
半年分くらいの生活費を預金で確保できたら資産運用も検討しましょう。
10年以上先なら、積立NISA
老後に10年以上期間があるならideco
というように必要な時期によって何で積み立てをするのかということを考えてみましょう。

中長期先の目的でお金を貯めたい場合でしたら投資信託など利回りが期待できる資産運用を検討したほうがいいです。

3.継続する

目標決めて、先取りで貯めていく仕組みを作れば、あとは継続するだけです。
もちろん大きな金額でできると貯まるスピードも早いですが、たとえ1万円でも10年継続すれば預金でも120万円貯まっていますし、
資産運用で3%で運用できれば約140万円
資産運用で5%で運用できれば約155万円に増やせる可能性もあります。
毎月ほんの少しの我慢で「あの時やっといてよかった」と思えますし、また少しづつお金が貯まっていくことを実感し始めると貯金に励むのも楽しくなっていくものです。

また50代の方で、「今頃から積み立てを開始しても遅い」と考えている方もいらっしゃいますが、人生100年時代において遅すぎることはありません。
70歳から使う資金と考えれば10年以上積み立てをすることもできます。
遅いなんて考えずに人生で思いった日が一番若い日ですから、今年はぜひお金が貯まる仕組み作りを始めましょう。

まとめ

お金を貯めるモチベーションが湧かないとか、
10年以上先のことまで考えられないという方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方は、将来の自分のためのプレゼントと考えてみてください。
将来お金の余裕があれば、その時にやりたいことにお金を気にせずチャレンジできたり人生の選択肢は広がります。
闇雲に貯金が趣味になることを勧めているのではなく、人生の選択肢を増やすためにお金は必要です。

老後のマネープランは人それぞれ♪
そこで7月にオーダーメイドで考える『女性のためのマネープランを考えるセミナー』を開催したいと考えています(^^)/
LINE@から先行のご案内をさせていただくので関心ある方はぜひLINE@にご登録の上スタンプを押してください(^^♪

ご登録はこちらから↓

友だち追加

または@abq3861hで検索お願いします!

おぱんはこんな人⇒こちら

 

↓Twitter始めました。ブログ更新情報もすぐわかるのでオススメです!

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

 

コメント