100歳以上の人口8万人超えで考えること

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

9月限定!
エクセルシートに入力するだけ♪
LINE@ご登録で『老後のお金早わかりシート』を無料プレゼント中🎁


↑こちらからお友達登録のうえプレゼントを受け取ってください(*^^*)

さて9月15日、全国の100歳以上の高齢者数について発表がありました。
初めて8万人を超えたそうです。
大げさではなく人生100年時代も他人事ではないですね。
今日はこの発表を受けて考えたことです。

100歳以上の人口8万人超えで考えること

日本における100歳以上の人口の発表は毎年9月15日に発表されてますが、
毎年前年を更新し高齢化が加速していることを感じます。
2020年の発表内容です↓

 厚生労働省は15日、全国の100歳以上の高齢者が同日時点で8万450人に上り、初めて8万人を超えたと発表した。21日の「敬老の日」を控え、住民基本台帳に基づく集計で、昨年より9176人多く、50年連続で過去最多を更新。女性が7万975人(88.2%)を占めた。

前年比増加数はこれまで最大4000人ほどでしたが、
今年は9176人増と大幅に増加していて、出生数が多いということもあるようですが、
高齢化が加速していることがわかります。

人生100年時代・・・
と言う言葉は度々聞かれるようになりましたが、
自分には関係ない・・・とどこか他人事で聞いている方が多いのではないでしょうか。

しかし、人生100年時代の生き方や働き方を指南した『ライフシフト』という本では、

現在の50歳以下の2人に1人は100歳以上生きるとも指摘しています。

そして実際100歳以上の人口は加速度的に増え、
2人に1人も現実的になってきたことを実感します。
100歳以上の人口の88%が女性ですから、特に女性は人生100年時代を自分事として捉えておく必要があると言えます。

女性は特に、結婚しているとか子供の有無に関係なく、
人生100年時代においては最後は1人の覚悟を持っておいたほうがいいと思っています。

最近では、夫や子供に依存する・・・という人は少ないように思いますが、
100歳という覚悟を持つかどうがで人生変わってくると思うのですね。

100歳を前提に人生を考えるなら、
・いつまで働きたいのか
・どのような晩年をすごしたいのか
・どういう人間関係を望むのか
など
人生80年を前提にするのと変わってくるのではないでしょうか。

どうせ長生きするならより自分らしく、楽しく自由に長生きしたいな
と私は思っているので、
思いのほか長生きした・・・ではなく
100歳生きることを前提にやりたいことは全てやるくらいの気持ちで前向きに人生100年時代を捉えたいと考えてます。

まとめ

今日は100歳以上の人口が8万人超えという発表を見て考えたことについて書きました。

人生100年時代は現実的なものとして捉える必要があるし、
100歳生きることを前提に生き方とか働き方を予想しておいたほうがいいなと改めて感じました。

どうせ長生きするなら、
長生きすることを不安に感じて生きるより、
100歳まで生きる覚悟を決めて予めその前提で生きると
現在の選択も変わってくるかもしれません。

将来を不安に思うよりも
未来から逆算して今を生きるほうが人生100年時代においては前向きに生きられるのではないかと思います!

長生きできたからよかった!そういう将来を迎えたいですね(^^)/

老後のお金の準備を始めたい方はぜひ下記から、
お友達登録くださいね!
『老後に備えるお金がわかる計算シート』をプレゼントさせていただきます🎁

↓ ↓ ↓


↑こちらからLINE@にご登録できます(*^^*)

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント