コロナで業績悪化!ボーナス支給減に備えて今できる3ステップ

ご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

ゴールデンウィーク期間中にオススメ♡
4月限定で不況に備えて今やるべきお金のことをまとめたチェックシートを差し上げています。

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

本日で終了!
詳細はこちら↓↓↓

↑本日までですのでお急ぎくださいね(*^^*)

先日新聞で夏のボーナスが大幅ダウンの予想という記事がありました。
そこでボーナス支給減に備えて今できることについて考えてみます。

コロナで業績悪化!ボーナス支給減に備えて今できること
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・コロナで業績が悪化している業界にお勤めの方
・収入が減っている、もしくは今後減りそうな方

コロナで業績悪化!ボーナス支給減に備えて今できること

コロナによる外出制限で、大幅に業績が悪化する中、夏のボーナスが大幅に落ち込むことが予想されていることが新聞でも取り上げられていました。
産経新聞『夏のボーナス大幅ダウンへ』

↑1人当たりのボーナス支給額はリーマン後の平成21年夏(9・8%減)以来、前年比7・6%減の約35万2千円と大幅な下落が予想されています。
冬のボーナスは更に落ち込むのではないかとも予想されています。

そこでボーナス減に備えて今できる3ステップは
①ボーナスに頼っている支出を洗い出す
②足りない分を預金から取り崩す
③預金でも足りない場合は各種支払い猶予や無利子の融資など準備しておく
です。

例えば、
・住宅ローンのボーナス払いを利用している
・クレジットカードでボーナス払いで購入している
・毎月の赤字の補填
などボーナス払いが決まっているという場合は、これらの金額を洗い出してみましょう。

そしてその合計金額を出してみて、預貯金で足りるのであれば確保しておく、
足りないのであれば、
・生命保険
・社会保険料
・税金
・公共料金
などの支払い猶予制度の活用や、

また住宅ローンのボーナス払いを利用しているのであれば、
借り入れている金融機関に早めに相談し、
ボーナス払いを止めるとか返済の猶予を申し出てみるとか今のような緊急事態であれば、
相談も受け入れられる可能性もあります。

ボーナス減に備えて今できる準備を早めにしておくということが大切ですね!

まとめ

本日は会社の業績悪化から夏のボーナスが大幅ダウンするのではないか・・・という記事を受けて、いまできる準備について考えてみました。
夏のボーナスだけでなく、今後しばらくこの傾向は続くかもしれないですし業界によってはボーナス支給見送り・・・ということもあるかもしれません。
早めにボーナスに頼らない家計にしておくおくことも考えておく必要があります。

4月限定で、この期間にやっておきたい不況に備えてやるべきお金のことについてまとめたチェックシートを差し上げています!
この自粛期間に読んで、お金の不安を解消しちゃいましょう(*^^*)

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)

本日で終了!

詳細はこちら↓


↑今日までのプレゼントですのでお早めにお受け取りくださいね♪

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント