お金がふえるマインド

お金も人生もうまくいく〇〇的思考

要は短期で簡単に儲かるという話に乗ってしまう方が多いように感じています。 しかし残念ながら、短期的で結果を得ようとすると失敗しやすいです。 そこでお金も人生もうまくいく〇〇的思考です。
お金を賢く使う

お金を貯めている人がしている”頑張らない節約”3つのポイント

ストレスのたまる節約は続かないので、貯めることに成功している人は意外に頑張らない節約をしています。私も、無駄使いはしないようにしていますが、頑張らない節約でお金を貯めてきました。 今日は頑張らないほうがいいポイントをお伝えします。
雑記

コロナ自粛期間の気付き

3密を避けた新しい生活様式を守る形にはなるのでしょうけど、自宅以外で活動できる選択肢が広がるのはうれしいことですよね♪ そこでアフターコロナでやりたいことを考えました♪
サービス

【インスタライブ】ワンコインで始めるスマホで簡単投資♪

現在緊急事態宣言は全国で解除に向けて動き出しましたね。 とはいうものの引き続き不要不急の外出は避ける・・・ということは続きそうです。 そこで自宅でお気軽に見られるインスタライブを5月27日21時~に開催することになりました。
経済のトレンドや気付き

氷河期世代採用9割予定なしを見て考えたこと

さてコロナ禍で忘れられつつありますが、昨年末から実は2000年前後に就職活動をした氷河期世代の雇用を増やすための就労支援が始まっていました。 先日共同通信から、「氷河期採用、9割弱予定なし 政府要請に協力広がらず」という記事が出ていたのでそれを見て考えたことです。
知って得するお金に関する話

お金持ちが最優先で買うのは〇〇

お金持ちとそうでない人の決定的な違いは収入ではありません。 一番はお金の使い方にあります。 今日はお金持ちが一番優先して購入するものを考えました。
お金を賢く使う

自粛期間に始めた節約にもなるオススメ食生活

コロナの感染者数が減りいよいよ緊急事態宣言が全国で明けるのももうすぐという感じですね。 自粛期間自宅にいる時間が増えて、自炊を嫌でもしないといけない日々だった方も多いと思います。私も結婚してから最も料理をしました(^-^; その中で健康的でかつお金もかからない食生活を発見したのでお伝えいたします。
お金がふえるマインド

人生がつまらない・・・から抜け出す唯一の方法

誰でも人生の節目と言えるタイミングで人生を振り返ることがあると思います。 実際に私の人生の節目も40歳の時で毎日代わり映えのしない毎日がつまらなく感じ変わりたいと思っていました。 そして40歳を過ぎてから色々行動することで、今は当時感じていたつまらない・・・という感覚はなくなりました! そこでそういった人生がつまらない・・・から抜け出すためにしたことを考えてみました。
知って得するお金に関する話

なぜかお金が貯まらない・・・という時に自分に問うこと

よくあるご相談に「無駄遣いしているわけではないけど、お金が貯まりません…」というものがあります。 そこでお金が貯まらない理由がわからない時に確認していみることを考えました。
経済のトレンドや気付き

コロナショックが大手にも影響!レナウン倒産で考えること

先日一部上場企業の老舗アパレルメーカーのレナウンが倒産しましたね。 レナウンというと、百貨店ブランドと言われる中流階級の憧れのような立ち位置で長らく親しまれていた洋服が多かったのではないかと思います。
お金を賢く使う

将来が不安な時こそやってはいけない節約

このように世の中が不景気になると、財布のひもは固くなりがちです。 私も無駄使いはしないよう、削れるところは削ることを心掛けています。 ただこんな時だからこそ、やってはいけない節約があります。
知って得するお金に関する話

お金持ちになる人に共通する3つの価値観

40代になって思うのは、お金持ちになるには共通の価値観を持っているということです。 今日はその共通の3つの価値観をお伝えします。
知って得するお金に関する話

お金を貯めるなら一番最初にすること

私は家計の相談にのらせていただくことも多いのですが、 家計を改善して、お金を貯めたり、運用を始めたり 行動が早くお金を貯めることに成功している人には共通点があります。 そこでその共通点をお伝えいたします。
経済のトレンドや気付き

私が感じるステイホームによる弊害

さて1ヵ月以上続いた緊急事態宣言もようやく解除の方向には向かってますね。 でも引き続き不要不急の外出は避けた生活は続きそうです・・・。今日は私が感じた自粛期間の弊害についてです。
お金を賢く使う

先週の投資と支出【5月10日~5月16日】

私が住む地域も自粛期間は続いてますが休業要請などが徐々に解除されてきていますが 先週は引き続きステイホームの一週間でした。