普通の会社員が1,000万円貯める方法

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

お金を貯めようと考えた際に目標としたい金額に1,000万円!という金額があると思います。

そこで今日は普通の会社員が1,000万円貯める方法について考えました
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・1,000万円貯金が目標の方
・今年の目標はお金を貯めることという方
・1,000万円は夢のまた夢と思っている方

普通の会社員でも1,000万円貯める方法

まず初めにすること

貯金1,000万円と聞くと、「そんなの私には無理!」と思ってしまうかもしれません。
でも普通の収入の女性でも実際に1,000万円貯めている方もいらっしゃいますし、貯まる方法はあります。
お金を貯めるには、1.収入を増やす、2.支出を減らす、この二つが基本ですが、これらをうまく組み合わせて、夢の1,000万円を実現させましょう!
1,000万円貯めるためにまずできることは『一日も早くスタートすること』です。
千里の道も一歩からというように、遠く見える目標でも行動を開始し継続することでいつか叶うものです。具体的に始めることを見ていきます!

目標を実現するためには、その目標に行き着くまでの方法を考える必要があります。

1,000万円貯めるために決めること

①期間を決めるパターン
収入にある程度余裕があるけど、あまり貯まっていないという方はこちらの方法をオススメします。
例えば10年で1,000万を貯めるとします。

預金で貯める場合は、上表の一番左、毎月約83,000円先取り貯金するといいですね。
idecoや積立NISAで3%~5%の利回りが実現できればもう少し少ない金額でも1,000万貯まります。
ここで大切なのは、1,000万円貯めるため必要な具体的な金額を知ることです。
毎月83,000円が無理であれば、ボーナスで補填するとか、期間をもう少し長く考えていただくとか対策ができます。

②金額を決めるパターン

たとえば、毎月5万円貯金すれば、16年8カ月で1,000万円に到達します。
毎月5万円なら「あれ?私でもできそう」と思いませんか?
余裕が出てきたら先取り貯金額を増やすなどすれば、期間はどんどん短くなります。5万円が厳しい方は3万円からスタートしてみましょう。


↑資産運用で3%の利回りが実現できたら、もっと短期間で1,000万円に到達します!

重要なことは、毎月給料から自動で引き落として貯金をする、いわゆる“先取り貯金”を設定することです。
毎月5万円積み立てていけば、17年後には1,000万円貯まっていることが約束されるのです。

先取り貯金を継続するために

①支出を減らす「固定費の削減」

最も効果的なのが、毎月決まって出ていく固定費を削減することです。
節約するのに効果的な三大固定費が住居費、保険料、通信費です。

これらの支出がいくらなのかをまずは把握しましょう。

住居費
まずは無理な住宅ローンを組まないということが大切です。
既に購入済みの方は住宅ローンの見直しなどできることは必ずしましょう。

保険料を見直す
独身の方であれば、生命保険には入らず、医療保険だけにするなどの選択があります。
医療保険に関しても、公的な健康保険で高額療養費制度でかなりの部分がまかなえるでしょう。そのため高額な保障はいりません。
会社員であれば、病気で働けないという場合は傷病手当金という制度もあります。
保険は本来、手持ちのお金がない人が、急に大きな出費が発生した時に備えるものなので、ある程度の貯金ができてきたら、医療保険も必要ないかもしれません。

通信費を減らす
三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマートフォンを使っている人が格安スマホにすれば、月額料金が3,000円~5,000円程度安くできます。
また、スマホと自宅の固定回線のセット割引きを利用するとさらに安くできます。

いずれも最初は面倒でも、効果がずっと続く固定費を見直すことで、年間数万円から十数万円もの節約になることがあります。

収入を増やす

収入を増やす方法は、給料を上げる、副業をする、投資で増やすなどがあります。

給料が上がれば一番いいですが、このご時世なかなか厳しいものがあります。
そこで、資格手当などが支給される会社であれば、資格取得するとその後の給料がずっと上がることになるので有効的です。

一方で、副業を解禁している会社では、本業のみに頼るよりたとえ少しでも本業以外の収入を得られれば心の余裕にもつながります。

どんな方法であれ、収入を増やす努力は続けていきたいものですね。

まとめ

1,000万円お金を貯めるための大前提は『先取り貯金』です。貯金を自動化することでストレスなく成功することができます。
また収入を増やす、支出を減らすことで先取りする金額を増やすことで貯まるスピードは加速していきます。
注意点は不測の事態で継続できなかったり、途中で引き出してしまったりするケースです。
そうならないためには、先取り貯金の額は無理のない金額にする必要があります。

ある程度継続できると少しづつ1,000万円に近づき、節約をもっと頑張ろう、収入アップするなどモチベーションの維持につながります。
1,000万円という数字が実感できるようになりましたでしょうか。収入に関係なく誰でも日々の努力で達成できる目標です。
まずは今月から先取り貯金をスタートしてみましょう(^^)/

家計の見直しや資産運用について相談承っています⇒こちらをご覧ください。

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント