金運を上げるお金の習慣

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです♪

本日は珍しくちょっとスピ的なお話です(#^.^#)

金運を上げるお金の習慣についてです
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・金運を上げたい方
・お金の本に共通で書かれていることが知りたい方
・金運を上げるための習慣が知りたい方

金運を上げるお金の習慣

世の中にお金の引き寄せ的な本ってたくさんあるかと思います。私はスピ的な本も含めてお金に関する本をかなり読みます。
そこに書かれている内容というのはほぼみんな同じことを言葉を変えて言っているのですね。
その中でも金運という点だけでなく人生も豊かにすると共感し実践しているものを紹介していきます(^^)/

お金を愛する

『お金を愛する』『お金が大好き』、どんな本でも必ずと言っていいほど書かれているのがこれです。
これは拝金主義になるということではなく、お金は幸せを得るためのチケットのようなもので、お金があることで得られる人々の幸せを望む というようなことです。
しかし、特に日本においては、お金好きですか?と聞かれてシンプルに「好きです」と言いにくい環境があると思うのですね。
例えば、「お金だけじゃない」とか「金儲けは汚い」みたいなお金に対するネガティブな言葉というのが周囲に蔓延しているかと思います。
それにより、無意識にお金に対するネガティブなイメージがついてしまい、お金がたくさん入ってくる状況を避けてしまっているのです。

私自身もずっとこのお金に対するネガティブなイメージを持っていたように思います。
「お金の話ははしたない」
「お金儲けの話は人にしてはダメ」
「お金がないからできない」
など
このような言葉使ってたり、考えたりしませんか?
私は様々なお金に関する本を読み、金融機関でお金持ちな方と接する中で、お金に対するネガティブなイメージが払しょくされ今では、お金が大好きといえるようになりました。
もし、上のような言葉に心当たりがある方は、言霊って大切です。意識的に言わないようにしていくのがいいかなと思います。

金運の上がるお金の使い方

これも共通で言われていることなのですが、執着せず『お金を回す』ということです。
お金は今手元にあるとか、ないというよりもどれだけ自分のところを流れていったかということが大切という話しです。
特に人のために使ったお金は何倍にもなって返ってくるとも言われています
逆に、死に金と言われるような浪費はには注意が必要です。
あとで、「あ~あ、なんで買っちゃったんだろう」なんて思うような使い方は無駄使いですよね。
このようなネガティブな感情をのせてお金を使うとお金は返って来ません(>_<)

身近な使い方で言うと、
家賃や、光熱費、通信費などの明細が来たときどんな感情になりますか?
「また減っちゃうな」
「払いたくない」
というような払うことに対して出し惜しみするような気持ちはありませんか?
『払う』こと自体、神社で行われる『お祓い』の『祓う』のような役目があるのです
私はこれを知ってからは、支払いのご案内とか請求とかあった場合は、できるだけ早く支払うんですね。
滞りなく支払うことで気持ち的にもよいものですよ。

あとはたくさん支払いがあった時には、
「こんなに使っちゃった」とか
「こんなに払って残高が減っちゃった」
ではなく、
「こんなに払える私はすごい!」とむしろポジティブに捉えると自分の肯定感も上がりお金のネガティブなブロックも外れていきます。

※今日の話は、ワタナベ薫さんや、田宮洋子さん、本田健さん、宮本佳実さんなどの本を読んで私が参考にさせていただいていることです。

まとめ

今日はスピ的な金運を上げるお金の習慣について書かせていただきました。
私はただ願ってお金が入ってくるみたいな引き寄せは信じていませんが、今日書いたようなお金は自分や人を幸せにするもので、人の喜びのためにお金を使うと返ってくるという話は実感しているのですね。
なぜなら、実際にお金持ちな人を見ていると、お金に対してネガティブな感情がなく、シンプルに『お金が好き』とか『お金を増やす勉強をしている』と素直に言える方が多いのですね。
また仕事で成功している方も、人の喜びのために事業を行い、投資をすることでお金が入ってきているということを目の当たりにすることが多いです。
お金持ちになるためにはお金持ちに学ぶのが一番ですよね。

今日書かせていただいたことついてはどんな本にも共通で書かれていることです。
『お金を愛する』
『執着せずお金を回す』
『人の喜びのためにお金を使う』

このようなことを日々の生活の中に取り入れていただくと、忘れた頃に金運アップの効果があるかもしれません(^^)/

家計の見直しや資産運用について相談承っています⇒こちらをご覧ください。

[banner_menu]

コメント