会社員が資産運用をする5つのメリット

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

私は会社員をしながら投資歴15年以上になります。そこで今日は自分自身の経験を振り返り

会社員が資産運用をするメリットについて考えてみました
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・会社員で投資をするか迷っている方
・今の収入ではお金を貯められない方
・少しでも将来のためにお金を増やしたい方

会社員が資産運用をするメリット

①副業規定に抵触しない

最近では働き方改革等で副業可の会社も増えてきてはいますがまだまだ、副業を認めていない会社も多いと思います。
私が勤める金融機関も副業不可となっていておおっぴらに副業をすることはできません。
でも投資であれば、国がidecoやNISA、積立NISAで投資を推奨しているくらいですので、副業禁止の会社でも給料のほかに収入を持つことができます。

②年齢や性別に関係なくチャンスが平等にある

会社員だと、特に大手の会社ほどまだまだ年功序列だったり男尊女卑などで収入が自分の努力に比例しないことが多いのではないかと思います。
どんなに頑張って結果を出しても、年次が上の人に収入面で勝てないのではないでしょうか?
でも投資は性別、年齢関係なく誰でも平等に自分次第で増やすチャンスがあります。
自分よりも給料が高い人よりも、投資をすることで収入面で上回るチャンスがあるということです。

③自分の人生の自由度が高まる

特に若い時から投資をすることで、30代40代でお金に余裕が生まれると、いやな仕事をお金のために続ける必要がなくなります。
会社にしがみつく必要がなくなり、もっと条件のいい会社に転職したり自分のやりたい仕事にチャレンジしたり、と好きなことをするための自由を手に入れることができます。

④経済の動きに関心が持てるようになる

やはり自分自身の資金を運用しているため、日経平均株価やS&P500、ナスダック等の動き、為替、経済ニュースが気になります。
資産運用をしないと特に株価が上がっても下がっても自分の資金に影響がないためそこまで関心を持つことはないと思います。
資産運用せずに全く経済に関心をもたずに生きていく10年と、日々経済の動きに関心を持って過ごす10年とでは資産が増えるとか以前に知識や経験としても人生をより豊かにしてくれると考えています。

⑤自分が働くだけでなくお金にも働いてもらうことで資産形成のスピードは速まる

会社から受け取る給料だけでなく、自分が働かなくても入ってくる不労所得を作ることができ、さらに再投資することで将来に向けて資産を増やすことができます。
もちろん資産運用にはリスクはありますが、収入を会社からの給料一つに頼っているほうがリスクだと思うのです。
資産運用であれば自分が労働するわけではないので、忙しい会社員でもできます。

↑期間が長くなるほど再投資の効果が高まり、資産運用をするかしないかで大きな差が開きます。

まとめ

今まで資産運用をして10年以上経ちますが、本当に資産運用して人生が変わったと感じています。
もちろん資産運用ですのでデメリットは元本保証がないことになりますが、リスクは低く抑えることができます。
リスクを低く抑えながら効率的にリターンを狙い、負けない投資により、長期間資産運用を継続することで未来は変わります。
これからは、お金の勉強をして資産運用を開始するか、投資はこわい、よくわからないと資産運用をせずに生きていくのでますます人生に大きく差が出てくるものと思います。
ぜひお金の勉強をして明るい未来のために資産形成をしませんか?

資産運用についてもう少し詳しく聞きたい方、投資が不安な方は個別相談承ってます。

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント