コロナで決定付けた大企業入社で一生安泰時代の終焉

おはようございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

『今やるべきお金のことがわかりました!』と
大好評!5月10日まで!

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています
ゴールデンウイーク期間中今やるべきお金のことをチェックしませんか?

GW限定!5月10日まで
詳細はこちら↓↓↓

↑自粛期間中にお金のことについて整理しましょう。

最近はコロナにより在宅ワークが進む中本当に必要な人しか会社に残れなくなるだろうと言われています。
先日は三菱UFJ銀行で従業員8,000人削減方針という記事もございました。
今日はこの記事をこれから考えられることです。

コロナで決定付けた大企業入社で一生安泰時代の終焉

先日時事通信からこのような記事が出ていました。

三菱UFJ銀行が、経済のデジタル化に伴い、業務の構造改革を加速させる方針を固めたと時事通信が伝えた。大量採用世代の定年退職による自然減に加え、新卒採用の抑制を進めることで、17年11月に発表していた6000人の従業員削減計画に上積みして2000人程度を減らし、17年度に約4万人いた従業員の2割にあたる8000人程度の従業員を削減する見通しだという。
(↑時事通信から引用)

かつて、銀行と言えば”一生安泰”の代名詞のようなものだったと思います。
特に三菱UFJといえばメガバンクとして入社したい会社の上位の企業でした。
そのメガバンクでの仕事がAIにとって替わられると言われるようになり既に数年経っていますが、
コロナによって早まったように思います。

これは銀行に限ったことではありません。
コロナにより在宅ワークになったことで業務のオンライン化の動きが早まりました。

銀行に限らず、生命保険でも、今までの対面営業からオンラインでの面談をしている方も出てきていると聞いています。
以前保険会社に勤めていたことがあるのでわかるのですが、今までなら考えられなかったことです。

このようにコロナにより強制的にオンライン化が進み今までの無駄が露呈されたことで、
当たり前に存在していた仕事そのものがなくなってしまう可能性もあるのです。

これからは大企業に入ったから安心、銀行だから安泰、うちの会社は大丈夫・・・のような従来の価値観だったり楽観視は捨てて1人1人が何ができるかを本気で考えなければいけない時代に入ったように改めて思いました。

まとめ

このような激動の時代には、まさに『変化できるものが生き残る』のではないかと考えています。

年齢がいくほど従来の価値観ややり方を捨てられないものですが、
これからは柔軟に変化していくことが求められているように思います。

仕事や年齢にもよりますが、定年まで今の会社や仕事にしがみつく・・・では生き残れないかもしれません。
現在40代であれば60歳までに10年以上あるわけで、今の価値観にしがみつくだけでは逃げ切れないと考えています。
今の仕事もしながら自分が何ができるか、何がしたいのか自分の棚卸をしてこれからの仕事を考えていきたいものですね!

仕事だけでなく、大切なお金についても見直ししましょう。
この自粛期間中に不況に備えて今やるべきお金のことについて整理しておきましょう。
3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

GW限定!あと4日。
詳細はこちら↓↓↓

↑ゴールデンウイーク期間中にお金のことについて整理しましょう。

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント