会社を辞める前に確認しておくお金の事①家計の把握【最新】

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

さて私の今年の目標のところでも書かせていただきましたが⇒2019年の私のテーマと決意
目標の一つに会社員を辞める つまり現在勤めている会社を辞めてフリーで仕事をしたいと考えています。そして年末で退職をすることが決まりましたので改めて家計について考えてみました。
以前にも 会社を辞める前に確認しておくお金の事 と書かせていただいたのですが、期間が空き少し状況も変わってきているので再度確認していきたいと思います。

会社を辞める前に確認しておくお金の事①家計の把握

退職する前に我が家の家計をしっかり把握しておきたいと思い、記事にすることにしました。
恥ずかしながら家計については、ざっくりとしか把握できてません。
退職してからは私の固定給がなくなり、フリーランスで収入も安定しないことが予想されるので、
ざっくりとも言っていられないので今更ですがきちんと把握して、退職に向けて準備をしたいと思います。

我が家の家計

支出

必ずかかる固定費と、節約できる変動費で考えました。
()内が私が負担している支出です。

《毎月の固定費》

住宅ローン 82,000(23,000)
管理費・修繕積立金 23,000
ガス・水道・電気 20,000
携帯電話 17,000
固定電話 2,000
インターネット 1,500
食費(コープ個配利用分のみ) 8,000
習い事、オンラインサロン等 20,000(20,000)

必ずかかる固定費は、158,500円(40,000円)

《毎月の変動費》

食費 30,000(30,000)
外食費 50,000
日用品 20,000(10,000)

変動費が100,000円

おこづかいはそれぞれ必要に応じてだしています。
一応50,000円を目安にしていますが、月によって差があります。
ここは節約によってコントロールできる支出です。

《年間の固定費》

保険料 46,000(20,000)
固定資産税 140,000
カード年会費 53,000(43,000)

まとめ

毎月最低限かかるお金が、258,000円(80,000円)
年間でかかっているお金が、249,000円(63,000円)
でした。
ですので、私の負担分80,000円×12か月+63,000円=1,023,000円 を一年分の生活費として確保しておきます。
さらに住民税や社会保険を加えた金額を普通預金に確保しておこうと思っています。
税金と社会保険については調べて別の記事します!

ありがたいことに、共働きですので私が仕事を辞めても特に生活ができなくなるということはありません。毎月50万の積み立てができなくなるということくらいでしょうか。

お金の不安というのは、一度自分とお金に向き合って見て、可視化することにより解決策が見えてくるものです。
・一体自分は毎月最低いくらは必要なのか
・さらにいくらあればゆとりがもてるのか
・それを維持するためにはいくら必要か
ということを把握して、備えることがお金の不安を無くすことなのかなと、退職を前に実感しました。

《現在募集中のメニュー》

①お金の個別相談
資産運用や、保険の見直し、家計の見直し等お金に関わる個別相談を承っています。
【概要】
方法:対面(大阪または三ノ宮) オンライン(ZOOM)
費用:90分15,000円

お問い合わせはLINE@にご登録の上コメントお願いします(#^^#)

ご登録はこちらから↓
友だち追加

または@abq3861hで検索お願いします!

遠方や外出が難しい方もオンラインでご相談いただけます!ご関心ある方は、
詳しくは⇒こちら
おぱんはこんな人⇒こちら

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

 

コメント