メガバンクも店舗4割削減!かつての勝ち組もそうでなくなる時代へ

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFをプレゼント中(#^^#)

詳細はこちら↓

↑こちらからお受け取りくださいね。
先日、三菱UFJ銀行が店舗を4割削減するという記事が出ていました。
私も三菱UFJ銀行ではないのですが、元銀行員として、この記事を拝見し考えたことです。

メガバンクも店舗4割削減!かつての勝ち組もそうでなくなる時代へ

メガバンクが、店舗も人も削減ということで注目されているのが、下記の記事です↓

三菱UFJフィナンシャル・グループは20日、三菱UFJ銀行の店舗数を2023年度末に300程度にする計画を明らかにした。17年度末の515と比べて40%減となる。スマートフォンアプリの機能を充実させてインターネットバンキングの利用者を増やし、運営経費のかかる店舗を段階的に減らす。
当初の計画では20%減としていたが、1年前には35%減に修正していた。低金利の長期化による国内業務の収益力低下や来店者数の減少などを踏まえ、削減幅をさらに拡大することで経費削減を徹底する。
(共同通信から引用)

ネットバンクの利用が増えることで、店舗を減らしていく・・・ということですが、
40%減というのはかなりのインパクトですよね。

かつて銀行員、特にメガバンクといえば、
就職人気ランキングの上位を占める憧れの仕事でした。

それが、長引くマイナス金利、
AI技術の進化、
銀行合併・・・
など銀行にとって収益を出せない構造が長らく続いていましたが、
それでも変わることができなかったツケが今来ているように思います。

今やネットバンクでしたら、スマホで簡単に手続きできますし、
各種手数料も安いですよね。
また銀行の合併により、同じ地域に同じ銀行が何店舗も・・・なんてことも。

収益構造を変えるべく、通帳を廃止するとか、コンビニATMの手数料を上げたり・・・のようなことは最近もしていますが、根本の解決にはならなかったのでしょう。

まさに今回のコロナで問題が浮き彫りになり構造改革が加速しているように思います。
コロナで時代の変化が早まり、5年~10年かけてのんびり変化すればいいとしていたのが、すぐに変化を迫られたという感じでしょうか。

緊急事態宣言が解除され、日常が戻りつつありますが、
銀行だけでなく、多くの企業や人が強制的に変化を求められていくようになるのではないかと思います。

私が、銀行に勤務していた時(10年以上前)は、まだ”銀行員は安定”と思われていて、
勤めている方も、銀行員としてのプライドを持っていました。

かつて勝ち組と言われていたような銀行員も時代が変わればそうではなくなることを実感します。
今後は、強制的に色々なことが変わり、
今まで、憧れとか安定と言われた仕事もそうでなくなり、
一生安泰・・・なんていう仕事はなくなるのかな・・・
そんな時代の節目にいるように感じます。

まとめ

今日はメガバンクが40%店舗削減という記事を見て考えたことでした。

コロナで経済的なダメージが大きく、不景気が始まる・・・、
企業の倒産やリストラ・・・
など暗いニュースばかりですが、
時代の節目に生きているということは何か意味のあることなのだと思います。

運が悪い・・・とネガティブに捉えるのではなく、
このような時代の節目を見られるということはとても貴重な経験だと思っています。

時代の過渡期を変化を受け入れて柔軟に乗り切りたいですね(^^)/

現在不況に備えたお金の整理の仕方がわかり、今の時期にやることで、将来のお金に差がつく!
3分でチェックできる『コロナ不況に備えて今すぐやるべき3つのマネーシフト』を無料で差し上げています。

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)
5月31日までです。こちらからお受け取りくださいね↓


↑ぜひ今読んでいただきたい内容です

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント