2018年私がチャレンジしたこと④~魅力ラボに入ったこと~

いつもありがとうございます♪
アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

さて2018年あと1日ですね!2018年私がチャレンジしたことシリーズの最終回です(^^)/

④2018年10月~

小田桐あさぎさんの魅力ラボに入ったことです

魅力ラボとはどんなサロンか

このサロンを運営されている小田桐あさぎさんは『嫌なことをやめたらすごかった』の著者で今注目の女性起業家の一人です。
小田桐あさぎさんのブログ⇒https://ameblo.jp/asagiblog/
魅力ラボはこんなサロン⇒http://adorable-inc.com/miryokulab/

《魅力ラボを簡単にいうと・・・》
小田桐あさぎさんに共感した約350名の女性が集まる熱いコミュニティで、メンバー同士で仲良くしたり、学んだりすることがでします。
またこのラボでは、『自分の好きなことで月に3万円豊かになる!』という裏目標があり自分が好きなことでどうしたら豊かになれるかという共通の目標を持っているためとても前向きな女性の集まりです。
またオーナ―の小田桐あさぎさんとイベントでお話できる機会が持てたり、FBでコメントができたりと近い距離でコミュニケーションがとれるチャンスもあります♪

魅力ラボに入った理由

まずは魅力ラボに入った一番の理由は、著書の『嫌なこと全部やめたらすごかった』に共感したからです。
具体的には、

・嫌なことをやめて好きなことですでに活躍されているメンバーと会ってみたかったから
・魅力ラボで行われている魅力診断に興味があったから

魅力診断とはその人が持つ「感情」をフォーカスし、「自分はどんな感情を大切にするタイプなのか?」から判断し5つのタイプに分類するというものです。
この魅力診断により「自分はどんな感情を大事にする人間なのか?」が理解できれば、今後の自分の活かし方もわかると思ったからです。

魅力ラボに入ってよかったこと

①今までの日常生活では知り合えない人を交流できること

このブログでも書いてますが、私は新卒で転職は何回かしているもののずっと会社員を続けています。なので周りにいる人は、夫も含め会社員ばかりです。すると、毎月固定給をもらい、なるべく長く働く…という会社員の価値観を持っている人としか話す機会がなかったのです。
特に女性で40代ともなると、付き合いは自ずと自分の環境に近い人とだけになってきてしまいます。
魅力ラボでは、会社員だけでなくフリーで働いていたり、起業してたり、独身の方もいれば主婦の方も色々な方が集まっています。
共通点はあさぎさんに共感し、『嫌なことをやめて好きなことにフォーカスして自分を最大限活かした生き方』を追求しているというところだと思います。
日常ではこんなに前向きな女性の方と接することがなく、自分の本音を言えなかったのですがここでは人のチャレンジを応援する環境があり、むしろ行動しないことが停滞なんだと気づかせてもらいました。

②副業を開始することができた

魅力ラボでは『自分の好きなことで3万円豊かになる!』という裏目標があり、主婦とか会社員とか関係なく自分の強みを活かしたサービスを考え提供できる環境があります。
さらにこの魅力ラボの中で、
宮尾まさみさん(ブログはこちら⇒https://profile.ameba.jp/ameba/aromavert)が主催しているMJというプチ起業塾に入り副業を行うためのマインドを鍛えることで、本格的に資産運用コンサルティングを開始することができました。

まとめ

私がチャレンジしたこと①~④、繰り返しになりますが、環境は本当に大切だと思います。
・嫌なことをやめて好きなことで生きていきたい人
・何か自分で仕事をしたい人
・前向きな女性と仲良くなりたい人
このような方、
魅力ラボでは既にこのような環境があります!

来年は自分を変えたいと思っている女性の方、自分の好きなことにフォーカスした生き方を実現している人、またはこれから実現したい前向きな方が集まるこのようなサロンに身を置いてみるのがいいのではないかと思います。
ご関心ある方はこちらから⇒http://adorable-inc.com/miryokulab/

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング




コメント