【10月1週目】保有投資信託の週間運用状況

こんばんは✨

はじめましての方はこちらから→プロフィール

いよいよ10月、秋も深まってきましたね♪特に今日は台風が過ぎ去り爽やかな秋晴れとなりました。
2018年も三か月を切りました。悔いのない1年にラストスパートしていきます(^^)/

さて今日は10月1週目の保有投資信託の週間運用状況についてご報告します。
今日の記事はこんな方のお役に立てます
・投資信託が実際どれくらい値動きするか知りたい方
・商品によってどれくらい差があるか気になる方
・投資信託の商品選びに迷っている方

⇒読んでいただくと先週(10月1週目)のマーケットの概要がわかり、マーケットと関連してそれぞれの商品がどう動いたのかがわかります。また今週のマーケットを予想する上での参考にいただきたいです!

◆保有投資信託の週間騰落率一覧


国内、海外ともに株式が軟調、金利上昇による債券価格が下落したことにより株式、債券ともにほぼ下がりました。

◆10月1週目のマーケット

先週の日経平均は3日から3日続落、10月2日に年初来高値となる24448.07円まで上昇したものの、その後は24000円台割れへの調整を見て、週間では4週ぶりに下落となりました。先週は、香港や韓国など休場中の中国市場を除くアジア株式市場が全面安となったことも下落の要因となりました。
NYダウはNAFTA合意と好調な経済指標の発表から3日にかけて5日続伸したものの、5日の9月米雇用統計により今後の数回にわたる利上げが濃厚となったことで長期金利が上昇(米10年物国債利回りは一時3.24%)しました。それをうけてNYダウは大幅続落となりました。米国での金利上昇が、新興国通貨安などを通じて金融市場を再び不安定にする可能性が懸念されています。
来週の相場で注目すべき3つのポイントは米金利動向、ファストリなど小売決算、中国貿易収支です。

◆来週の注目スケジュール

10月8日(月):国内株式市場は休場、ノーベル経済学賞受賞者発表、中財新総合PMIなど
10月9日(火):独貿易収支、IMFが世界経済見通し発表など
10月10日(水):日機械受注、米卸売在庫、中マネーサプライなど
10月11日(木):米消費者物価コア指数、G20財務相・中央銀行総裁会議、米財政収支など
10月12日(金):米輸入物価指数、中貿易収支、トルコ軟禁中の米国人牧師の審理など
↑yahoo ファイナンスから引用

 

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

お金をふやす
老後の資産に3,000万円差がつく OL資産革命 『マネーレボリューション』

コメント