セミリタイアして不労所得で生活するためにはいくら必要か

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

資産運用のご相談をしていると、資産運用の最終的な目標はセミリタイヤとお答えになる方が多いです。そこで今日は、

セミリタイヤして不労所得で生活するためにはいくら必要かについて考えました
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・投資の収益だけで暮らしたい方
・不労所得だけで生きていきたい方
・セミリタイヤしたい方

セミリタイアとは

セミリタイヤアとは、定年退職する前に会社を辞めて悠々自適に暮らすというものです。
あくせく働くことなく投資の収益だけで暮らせたらいいなと考えたことがある方は多いのではないでしょうか。
不労所得と言われるものですね。

不労所得とは、働かず得られる所得ということなので、安定的に得られる収益と考えてみると
・株式の配当金
・利付債券
・スワップ収益
のような資産運用が考えられます。

上記のような資産運用の想定利回りは3%~4%くらいですので、ここは低く3%の利回りで考えてみます。

セミリタイアにはいくら必要か

①いくらで生活できるか考えてみましょう

毎月最低いくらあれば必要でしょうか?
例えば最低毎月25万円は必要であれば、

25万円×12か月⁼年間300万

ということになります。
年間300万円を不労所得で稼ぐにはと考えてみます。

②年間生活費を不労所得で稼ぐためにはいくら必要か?

例えば年間300万円を利回り3%で稼ぐためにはいくら投資元本が必要かと考えるとざっくり1億という数字が出てきます。

1億×3%⁼300万円

1億円貯めることができれば、支出が毎月25万円くらいの生活はできそうです。
しかし、普通に会社員では1億という数字は無理そう…と諦めてしまうかもしれません。
そこで、もう少し不労所得の金額を下げて考えてみましょう

③年間生活費の一部120万円を不労所得で稼ぐためにはいくら必要か?

年間生活費の一部である120万(毎月10万円×12か月)を利回り3%で稼ぐためにはいくら必要か計算してみると、

4,000万×3%⁼120万円

です。
投資元本が4,000万円あると毎月不労所得10万円が得られます。
完全に仕事をしないことはできませんが、残り約15万円を週3~4回働くというように仕事のペースを選択するというようなことはできるのではないでしょうか。

まとめ

完全に仕事をせずに不労所得で生きていこうと思うと1億以上の投資元本が必要になり、会社員が目指すには遠い目標を感じてしまうかもしれません。
しかし生活費の一部を不労所得でまかない、仕事のペースを落として働く道であれば3千万~4千万円くらいの投資元本で実現できそうです。
3千万~4千万であれば実現できそうな目標として考えられる方も増えるのではないでしょうか。
実際にセミリタイアするかどうかは別として、お金があると働き方や生き方の選択肢を増やすことは間違いなくできます。
将来お金があれば現在の会社に何かあっても、自分に合う会社にじっくり転職活動ができたり、
体調に不安ができたら、ペースを落とした仕事を選択したり
というように何がなんでも今の会社にしがみつかなくてもよくなります。
お金を稼ぐ、資産運用する、貯めるのモチベーションは、『人生の選択肢を増やす』ことなのではないかなと思います。
セミリタイアを考えている方はもちろん、そうでない方も人生の選択肢を増やすために資産形成への第一歩を踏み出しましょう(^^)/

お金を貯める、資産運用について個別コンサルティングを承っています(^^)/
詳しくは⇒こちら
おぱんはどんな人⇒こちら

[banner_menu]

コメント