コロナワクチン開発で考える投資と今後のこと

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

エクセルシートに入力するだけ♪
LINE@ご登録で『老後のお金早わかりシート』を無料プレゼント中🎁


↑こちらからお友達登録のうえプレゼントを受け取ってください(*^^*)

さて先日米国のファイザーでコロナワクチンの開発が発表され、
米国も日本も世界的に株高となっています。
経済活動再開の期待から今までコロナ下で大きく売られていた銘柄に買いが集まり、
withコロナでの投資からの変換期であることを感じています。

先週末に大統領選挙をきっかけに投資戦略を考えたのですが
今後の投資方針とほしい銘柄リスト
コロナワクチン開発で見直しを行いました。

コロナワクチン開発で考える投資と今後のこと

いよいよ新型コロナウイルスワクチンの開発が発表されましたね!
その期待感から米国株式相場が一時急騰し、
これを受ける形で、東京市場でも一気にリスクオンモードが高まり、
10月には2兆円台だった売買代金は4兆円を上回る約5カ月ぶりの大商いとなっています。

そして注目なのは、株高の中身が大きく変わったということです!
withコロナ銘柄として巣籠需要で買われてきたゲーム関連の銘柄やデジタル関連の成長株が下落する一方、
コロナで苦境に立たされている飲食や旅行、空輸や陸運など運輸株に買いが集まっています。

現時点では、アフターコロナへの期待感から銘柄が選択されていますが、
かといってワクチンがこのまま承認されるかもわからないし、
いきなりテレワークがなくなるというわけではないのでこの流れがいつまで続くかもわかりません。

なので、コロナ下で買われてきた成長株とアフターコロナで期待される株式と両方視野に入れつつ、
毎日変わる経済や政治の動きに注目し柔軟に対応していく必要があるなあと思っています。

最近は成長株に注目していたので、
アフターコロナで注目したい銘柄を改めて考えてみました。

国内株式(最低投資金額は11月11日終値)

 

【東1 9616】共立メンテナンス

最低投資金額:405,500円
配当利回り:1.1%
株主優待:株主優待割引券
権利確定日:3月末 9月末
方針:長期

【東1 4912】ライオン

最低投資金額:241,300円
配当利回り:0.95%
株主優待:自社商品
権利確定日:12月末
方針:短期~中期

【東1 8233】高島屋

最低投資金額:90,900円
配当利回り:2.64%
株主優待:株主優待カード(10%割引)
方針:長期

【東1 1925】大和ハウス

最低投資金額:319,500円
配当利回り:2.8%
株主優待:優待券
権利確定月:3月末
方針:長期

【東1 9519】レノバ

最低投資金額:194,100円
配当利回り:なし
株主優待:300円クオカード
権利確定月:3月末
方針:短期~中期

まとめ

ワクチン開発進展の発表でこれだけ株価が反応したということは、
逆に言うと、このワクチンが時間がかかりそうとか有効ではなかった・・・という時には、
失望から暴落・・・ということもあるかもしれません。

今のような変動の激しい時は、
経済の動きに注目しながらその時その時で変化に対応していくという姿勢が相場だけでなく人生に求められているなと思います。

近い将来すら何があるかわからない時代ですが、
今を精一杯生きていきましょう(^^)/

 

在宅の時間が増えた夏休みに老後のお金の準備を始めたい方はぜひ下記から、
お友達登録くださいね!
『老後に備えるお金がわかる計算シート』をプレゼントさせていただきます🎁

↓ ↓ ↓


↑こちらからLINE@にご登録できます(*^^*)

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました