【12月4週目】大幅下落!投資信託の週間運用状況

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです。
アベノミクスで続いていた年間でみた株価上昇も2018年は下落に転じそうです。
今年投資信託を始められた方は損失が出ている方が多いのではないかと思います。

今日は恒例の12月4週目の私が保有している投資信託の週間運用状況についてご報告します
今日の記事はこんな方のお役に立てます
・先週の相場で投資信託が実際どれくらい値動きするか知りたい方
・商品によってどれくらい差があるか気になる方
・投資信託の商品選びに迷っている方

⇒読んでいただくと先週(12月4週目)のマーケットの概要がわかり、マーケットと関連してそれぞれの商品がどう動いたのかがわかります。

◆保有投資信託の週間騰落率一覧

◆12月4週目マーケットの振り返り

先週の日経平均は下落し3月の年初来安値を更新しました。週間ベースでは3週連続安です。
12月のNY連銀製造業景況指数やNAHB住宅市場指数が予想を下回り17日のNYダウが507.53ドル安と続落したこと、
新規上場したソフトバンク<9434>が公開価格1500円を下回る1463円の初値をつけた後、ジリジリと値を下げたこと、
などが地合いを悪化させ、20日には日経平均は3日続落して一時700円超の下げとなりました。
3月につけた年初来安値20347.49円を更新し2017年9月末以来となる約1年3カ月ぶりの低水準となりました。
今週の日経平均は心理的な節目意識が強まる20000円の攻防が意識され、ボラティリティの高い展開となることが予想されています。

来週の相場では、実質2019年相場入り、黒田日銀総裁講演、20000円の攻防注目されています。

◆来週の注目スケジュール

12月24日(月):国内株式市場は天皇誕生日の振替休日休場、米株市場はクリスマス・イブのため短縮取引など
12月25日(火):東証住宅価格、米・欧・香港・韓国・南ア・印・豪・スイス株式市場は祝日のため休場など
12月26日(水):黒田日銀総裁が講演、米S&P/コアロジックCS20都市住宅価格指数など
12月27日(木):中工業利益、米消費者信頼感指数、ECB月報など
12月28日(金):有効求人倍率、独消費者物価指数、米中古住宅販売成約指数、中経常収支確定値など

yahooファイナンスから引用↑

お金の教養講座

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

お金をふやす
老後の資産に3,000万円差がつく OL資産革命 『マネーレボリューション』

コメント