【楽天証券】購入手数料無料のオススメ米国ETF3選

いつもありがとうございます✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーの美伽ですニコニコ

さて今年はネット証券を中心に米国ETFの買付手数料まで0になりました!
私はメインで楽天証券を利用しているため、楽天証券で買付手数料0の米国ETFについて調べてみました。

【楽天証券】購入手数料無料の米国ETFのまとめ
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・何に投資するか迷っている方
・米国ETFに関心のある方
・楽天証券に口座のある方

【楽天証券】購入手数料無料の米国ETFまとめ

米国ETFのメリット

私が考える米国ETFのメリットは以下の3点と考えています。

①広く分散投資できる
投資信託と同じように一つのETFで何千種類の株式に分散投資できます。
特に投資対象が海外の場合銘柄の選択は難しいと思うのですがETFを使えば簡単にできます。②経費率が安い
投資信託の信託報酬よりも圧倒的に安いです。
さらに今回購入手数料も無料ということでよりメリットが大きくなりました。③株式と同じように配当金がもらえる
ETFは株式のように上場しているもので同じように配当金が受け取れます。
分配型投資信託は元本を減らしても分配金を出すケースがありますが、ETFの配当金は株式同様に利益からの分配になります。

楽天証券で扱っている購入手数料無料の米国ETF

楽天証券では2020年1月6日(月)の現地約定分から下記9つのETFの購入手数料が無料となっています。

対象銘柄
  • バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  • バンガード・S&P 500 ETF(VOO)
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
  • SPDR S&P 500 ETF(SPY)
  • SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR)
  • SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM)
  • GS Motif データイノベーションETF(GDAT)
  • GS Motif ヘルスケアイノベーションETF(GDNA)
  • GS Motif 金融イノベーションETF(GFIN)

オススメ3選

〇バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
・1本で全世界の株式約8千社以上に分散投資できる
・経費率0.09%
・配当利回り 1.5%〇バンガード・S&P 500 ETF(VOO)
・世界一有名な株価指数米国のS&P500(米国の代表的な500社)に投資できる
・経費率が0.03%
・配当利回り2.1%〇バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
・1本で米国株の大中小約3500以上社に広く投資できる
・経費率0.03%
・配当利回り 2.04%

こちらの代表的な3つのETFがいいのではないかと思います。
VTは全世界株式に投資するものの50%以上は米国株なので、結局3つとも同じような値動きになります。
私は元々VOOを保有していますが、引き続きこちらを買い増しして行こうと考えています。

まとめ

昨年末からネット証券を中心に投資信託やETFの購入手数料が無料になる動きが加速しています。
これは個人が資産運用をするにあたってとてもいい流れだと思います。
一見よさそうに見える複雑な金融商品は大概コストの高いものが多いです。
今はシンプルで手数料も安くいい商品がたくさんあるので、私達個人が将来に向けて資産を形成するにはまずはこういった投資信託やETFから始めるのがいいのではないかと思います(^^)/

 

《現在募集中のメニュー》

①お金の個別相談
資産運用や、保険の見直し、家計の見直し等お金に関わる個別相談を承っています。
【概要】
方法:対面(大阪または三ノ宮) オンライン(ZOOM)
費用:90分15,000円

《2020年無料公式メルマガ開始しました!》
より詳細なお金に関する考え方や投資について書いてます♪
こちらからご登録いただけます↓


powered by ReserveStock

遠方や外出が難しい方もオンラインでご相談いただけます!ご関心ある方は、
詳しくは⇒こちら
美伽はこんな人⇒こちら

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

 

お金をふやす
老後の資産に3,000万円差がつく OL資産革命 『マネーレボリューション』

コメント