お金を貯めるために確認しておきたい5つのこと

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^♪

2019年こそお金を貯めよう!と思っている方も多いかと思います。

そこで今日は

お金を貯めるために確認しておきたいことです
今日の記事はこのような方のお役に立てます
・今年本格的にお金を貯めたい方
・今までお金が貯まらなかった方

お金を貯めるために確認しておきたい5つのこと

①毎月の固定費の把握

毎月の支出がいくらか把握していますか?家計簿をきっちりつけている方であれば把握されているかと思いますがそうでない方は過去3か月分くらいの支出を計算し毎月いくらぐらいの支出なのか確認してみてください。
日々の食費や生活費までも計算するのは大変という方は、最低限、毎月の固定費を確認しましょう(*^^*)
固定費とは、
住宅費(家賃または住宅ローン)
通信費
習い事
保険料
光熱費
などです。
支出の大半は固定費が占めていますので大きな部分を把握することが大切です
クレジットカードの明細もこれを機会に確認してみてください。
ずっと引き落としされているカードの年会費だとか、行ってないジムの引き落としとかそもそも支出の見直しにつながるかもしれません。

②固定費の見直し

お金を貯めることができない原因は支出が多いからで、支出を減らすためには固定費を減らすことが有効です。
ぜひ今年は、固定費のリストラを行いスリムな家計でお金が貯まる家計を作りましょう。

住宅費・・・住宅ローンで金利が高ければ見直しができないか。
通信費・・・携帯電話料金が高いケースが多いです。ドコモやソフトバンクなどキャリアの携帯料金が負担になっているようであれば格安SIMに切り替えることを検討してみてください。
保険料・・・家計の大きな負担になっているのが保険料です。保険ですべて備えようとせずお金を貯めることで備えませんか?生命保険は万が一に備えるためには有効ですが、資産形成とは切り離したほうがいいです。保険の見直しをすることで固定費をかなり減らせたお客様をたくさん見てきました。
もし気になっている保険があればぜひご相談ください。高い保険料を長い期間払うよりは、相談料のほうがずっと安いです。

③毎月使ってもいいお金の把握

お金を貯めるのに先取り貯金がいいということで、結構実践されている方が多いのではないでしょうか?
ただ先取り貯金をしているけど、お金が貯まらない方のご相談をうかがうと急な出費で貯めた資金から引き出したとか、先取りした残りの資金で生活ができていないということが多いです。
そこで質問を変えて、『毎月使ってもいいお金はいくらですか?』と聞くと答えられない方が多いのですね。

収入ー先取貯金額⁼支出(固定費、変動費、急な出費)
支出ー固定費=変動費、急な出費 ⇒ 『使ってもいいお金』

『使ってもいい金額』を把握しておくことで、急な出費があるときはどうにかその中でやりくりできないものか意識するようになります。
それでも足りなくなるような出費、例えば、冠婚葬祭費などは目的別貯金にして別で管理するようにしましょう。

④金融資産の把握

年末にされた方も多いかと思いますが、もしまだできていない方は金融資産の棚卸をしましょう。

下記について確認しましょう
・各銀行の貯金額
・投資の評価額
・解約返戻金のある保険商品の評価額

金融資産の把握をすることで問題点も見えてきます。

・金融資産のうち貯金が占める比率が高い⇒投資に回す金額を増やすことを検討しましょう。
・金融資産のうち解約返戻金のある保険商品の比率が高い⇒貯蓄機能のある保険商品の保険料が過分な可能性が高いです。保障だけでなく資産形成も兼ねられると言われて加入した商品は見直ししましょう。

 

⑤idecoまたは積立NISAをする

貯まったお金もしくは、先取りしたお金を預金に置いていてもふえませんので、いかに資産運用して殖やすかということが大切です。
今であればidecoや積立NISAなど税制の優遇を受けながら資産運用できますので、投資信託で積み立てをすることからまずは始めることをオススメします
特にidecoや積立NISAは投資の腕は関係なく、やるかやらないか、あとは継続するか継続しないかだけですから始めない手はないです。

このように利回り5%の運用でも期間が長くなるほどやるかやらないかで差が歴然となるのです。10年以上で特に複利効果が大きくなるので若い時に実践できた方ほど有利になります。

まとめ

今日はお金を貯めるためにやっておきたい5つのことについてまとめました。
やみくもに節約するとか、いきなりリスクの高い運用を始める前にまずは現状を把握することが大切です。
支出の把握、金融資産の棚卸など現状を把握することで問題点が見えてくるからです。

出てきた問題点を改善してから、先取り貯金をして、idecoや積立NISAを活用した資産形成も併せて行えば細かな管理をしなくても自然にお金が貯まるようになります。
2019年お金を貯めるためにぜひ5点確認してみてください!

保険の見直しや資産形成方法など個別でご相談も受け付けております⇒こちらをご覧ください。

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント