普通のOLが10年で1,000万円貯める方法

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつく独身OLの資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

3分でチェックできる!今の備えで将来に差がつく!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを
プレゼントしています

詳細はこちら↓↓↓

お金を貯めようと考えた際に目標としたい金額に1,000万円!という金額があると思います。
その証拠に日経ウーマンという30代キャリア女性向けの雑誌では定期的に貯蓄1,000万円特集が組まれています。
具体的に10年で1,000万円貯める方法について考えてみました。

そこで今日は普通の会社員が1,000万円貯める方法について考えました
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・1,000万円貯金が目標の方
・今年の目標はお金を貯めることという方
・1,000万円は夢のまた夢と思っている方

普通のOLが10年で1,000万円貯める方法

特に30代で1,000万円貯められたら、人生の選択肢はかなり広がります。
少なくとも嫌なことを我慢してやるということからは解放されるのではないでしょうか。
具体的に使い道がないという方も自分の人生の選択肢をふやすという目的で1,000万円を目指してみましょう。

まず初めにすること

貯金1,000万円と聞くと、「そんなの私には無理!」と思ってしまうかもしれません。
でも普通の収入の女性でも実際に1,000万円貯めている方もいらっしゃいますし、貯まる方法はあります。
お金を貯めるには、1.収入を増やす、2.支出を減らす、この二つが基本ですが、これらをうまく組み合わせて、夢の1,000万円を実現させましょう!

1,000万円貯めるためにまずできることは『一日も早くスタートすること』です。
千里の道も一歩からというように、遠く見える目標でも行動を開始し継続することで必ず叶うものです。

目標を実現するためには、その目標を達成するために具体的な方法を考えます。

10年で1,000万円貯めるための具体的な方法

10年で1,000万円貯めるには、月々いくら貯める必要があるのかということを具体的に考えていきます。

預金で貯める場合は、上表の一番左、毎月約83,000円先取り貯金するといいですね。
投資信託の積立などで3%~5%の利回りが実現できればもう少し少ない金額でも1,000万貯まります。
ここで大切なのは、1,000万円貯めるため必要な具体的な金額を知ることです。
毎月83,000円が無理であれば、ボーナスで補填するとか、期間をもう少し長く考えていただくとか対策ができます。

そしてこの金額を見て、無理!と思った方も諦めないでください。
今は1万円しか無理という方も、まずは1万円で始めましょう。
そして収入をふやしたり、支出を減らして、捻出できる金額がふえれば増額していけば大丈夫です。

10年で貯めるために必要な金額を認識した上で、その金額を毎月先取で粛々と積み立てを継続していきます。毎月一歩でも前に進むことで確実に1,000万円に近づきます。

月々の積立額をふやすためにすること

①支出を減らす「固定費の削減」

最も効果的なのが、毎月決まって出ていく固定費を削減することです。
節約するのに効果的な三大固定費が住居費、保険料、通信費です。

これらの支出がいくらなのかをまずは把握しましょう。

住居費
まずは無理な住宅ローンを組まないということが大切です。
既に購入済みの方は住宅ローンの見直しなどできることは必ずしましょう。

保険料を見直す
独身の方であれば、生命保険には入らず、医療保険だけにするなどの選択があります。
医療保険に関しても、公的な健康保険で高額療養費制度でかなりの部分がまかなえるでしょう。そのため高額な保障はいりません。
会社員であれば、病気で働けないという場合は傷病手当金という制度もあります。
保険は本来、手持ちのお金がない人が、急に大きな出費が発生した時に備えるものなので、ある程度の貯金ができてきたら、医療保険も必要ないかもしれません。

通信費を減らす
三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマートフォンを使っている人が格安スマホにすれば、月額料金が3,000円~5,000円程度安くできます。
また、スマホと自宅の固定回線のセット割引きを利用するとさらに安くできます。
私も楽天モバイルに変更し月々の通信費を5,000円以上安くすることができました。

いずれも最初は面倒でも、効果がずっと続く固定費を見直すことで、年間数万円から十数万円もの節約になることもあります。

②収入を増やす

収入を増やす方法は、給料を上げる、副業をする、投資で増やすなどがあります。

給料が上がれば一番いいですが、このご時世なかなか厳しいものがあります。
そこで、資格手当などが支給される会社であれば、資格取得するとその後の給料がずっと上がることになるので有効的です。

一方で、副業を解禁している会社では、本業のみに頼るよりたとえ少しでも本業以外の収入を得られれば心の余裕にもつながります。

どんな方法であれ、収入を増やす努力は続けていきたいものですね。

まとめ

1,000万円お金を貯めるための大前提は『先取り貯金』です。貯金を自動化することでストレスなく成功することができます。
また収入を増やす、支出を減らすことで先取りする金額を増やすことで貯まるスピードは加速していきます。
先取り貯蓄はしても途中で引き出してしまう・・・という方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方に必要なことは、『1,000万円貯めると決断すること』です。
決断というのは決めて断つことです。

ある程度継続できると少しづつ1,000万円に近づき、節約をもっと頑張ろう、収入アップするなどモチベーションの維持につながります。
まずは今月から先取り貯金をスタートしてみましょう(^^)/

3分でチェック!
『コロナ不況で今すぐやるべき3つのマネーシフト』PDFを無料プレゼント中(#^^#)

6月末まで!

詳細はこちら↓


↑6月末までのプレゼントですのでお早めにお受け取りくださいね♪

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント