お金持ちにお金が集まる2つの理由

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

金融機関に勤めていると富裕層のお客様を対応させていただく機会が多いのですが、実感するのは、お金持ちの方が持つ共通点です。そこで今日は

お金持ちにお金が集まる2つの理由についてです
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・お金持ちになりたい方
・お金持ちになぜお金が集まるか知りたい方
・富裕層を目指す方

お金持ちにお金が集まる2つの理由

お金の余裕がある人には、なぜかお金が集まるなと思うことはありませんか?
これは①お金の知識があるから②有利な資産運用をするから という2つの理由があります。
この2つの積み重ねが年齢を重ねるほど大きな差になり経済格差が広がる理由でもあると思います。

①お金の知識がお金を生むから

お金持ちはお金の知識があります。
これは投資によりお金を殖やしたという話ではありません。
お金の知識がないと、
払う必要のないお金を払っていたり、
知っていればもらえていたはずのお金を受け取っていなかったり…
ということがよくあります。

お金は貯めたい、殖やしたいとは思うものの
お金のことって、保険商品や金融商品、運用について知識習得というとめんどうで後回しになりがちだと思うのです。

お金の事を後回しにすると、無駄な保険料や、無駄なコストにお金を払ってしまい、
お金はむしろ減ってしまうのですね。

特に日本においてはお金の話はタブーという文化がありお金のことを知る機会がなく生きていく方が多いと思います。

例えば、
公的年金や公的健康保険の知識があれば、過大な保障は必要がないことがわかります。
税務の知識があれば、ふるさと納税や住宅ローン控除のメリットがどれほどか具体的にわかるようになります。
資産運用の知識があれば、『元本保証で〇%』というような怪しい投資案件に騙されない。

というようにお金の知識があるかないかで人生の収支が何百万以上差がついてしまうのです。

②お金がお金を生むから

お金がお金を生む。
これは資産運用により、お金を殖やすという観点になりますが、
お金の知識がある人は、全額預貯金で置いておかず、利回りが期待できる資産運用を行っています。
まずは資産運用をするかどうか、そしてそれを継続するかしないかで10年後、20年後には大きな差が出てしまいます。
一般的には年齢を重ねるほど経済格差が開くのは、年数を重ねるほどお金がお金を生み出す複利効果の差が大きく出るからです。

3万円という資金を預金で積み立てるのと3%または5%で運用した場合のシミュレーションです↓
(楽天証券の投信シミュレーションを活用してます)

このように、3万円積み立てるという行為は同じでも何で積み立てるかで将来大きく変わってきてしまうのです。
今、3%~5%で資産運用をしようとすると、マイナス金利の環境下ですから預貯金では当然無理で、個人年金保険などの保険商品も、予定利率は日本の政策金利に連動しているため年利1%と増えないです。
保険商品では解約リスク(解約すると元本割れしてしまう)を考えると現在は有利な選択とは言えません。
このように何で積み立てるかという選択一つとっても10年、20年…と年数がたつほど差が大きくなってしますのです。自分が有利な選択ができるよう資産運用について学びつつ実践したいですね。

まとめ

今日はお金持ちにさらにお金が集まる2つの理由について考えてみました。
『お金の知識があるかないか』で人生の収支に差が開き
『資産運用するかしないか』でお金がお金を生み出す複利効果により、
将来的に大きな差が開いてしまうということです。
実際に富裕層と言われる方ほど、お金の知識が豊富で、無駄なことにお金を使わず、若い時から資産運用をしている方が多いです。
まずはお金について勉強をしていくことで、知らないことで損をするということがないようにしていきたいものですね。

お金を貯める、資産運用について個別コンサルティングを承っています。
詳しくは⇒こちら
おぱんはどんな人⇒こちら

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント