明るい老後のために♪退職金を減らさないための注意点

こんばんは✨

アラサーアラフォー働く女性の資産形成アドバイザーのおぱんです(^^)/

そろそろ退職金のシーズンになりました。
退職金についてのご相談も増えているので、今日は

明るい老後のために♪退職金を減らさないための注意点です
本日の記事はこのような方のお役に立てます
・これから退職金を受け取る方
・自分の親がこれから退職金を受け取る方
・老後の資金に退職金を予定されている方

退職金を減らさないための注意点

退職金は人生100年時代と言われるなかで、不安のない老後を送るためにとても重要な資金源になってきます。
会社勤めを長くされている方なら、老後の資金には、公的年金と退職金を期待されている方が多いのではないでしょうか。
実際に退職金はまとまった資金が入ってくるためその使い方だったり、置き場所というのは老後の生活を左右すると言っても過言ではないくらい大切です!

なんの知識もなく銀行で退職金の相談をしない

退職金を資産運用で増やそう!という方はご注意してくださいね。
退職金はまとまった資金が一括で銀行口座に入金されるため、大口入金として銀行側はすぐに把握できるのです。
すると、支店の営業担当者が、
『退職金を受け取られた方に金利を優遇した定期預金があります』
と退職金定期と言われるものを勧めてくるケースが多いです。
有利な金利を提示することでお客様の資金を囲い込むことが狙いです。

その定期預金が大体3か月~6ヵ月なのですが、
満期を迎えた時が要注意です!
『預金では低金利で増えないのでもっと有利に増える商品がありますよ』と巧みなセールストークで保険商品や投資信託などの金融商品を提案してきます。

残念ながら銀行で扱っている商品は金融機関側が儲かるコストの高い商品がほとんどです。
ですので、銀行で退職金の運用を始めた多くの方が損をしています。
銀行の商品は資産運用については儲かりにくい商品が多いので、セールスの言いなりにならないように注意してくださいね!

↑外貨建ての保険で特に苦情が増えています。想定以上に減っていることが原因です。

現在特に銀行でセールスされるのが、外貨建ての保険です。
これは単によい商品だから提案してくれているのではなく、手数料目的ということも多いので注意が必要です!

人生100年時代に備え長期間の資金計画を考える

老後のライフプランについてご相談をさせていただくと、平均寿命が88歳なので80代後半くらいまでのライフプランをイメージされている方が多いのですね。
しかしこれからは人生100年時代とも言われ、二人に一人は100歳まで生きる時代とも言われています。
ですので老後の資金をどう使うか、どう資産運用するかということはとても大切なのです。
これから100歳までと考えたら無駄に減らせる資金はありません。

また資産運用をする際には、リスクを取りすぎないことが大切です
なぜなら、若い人に比べると運用期間が短かくなるからです。
複利効果が働きにくいということと、
損失が出ている時にやむを得ず解約しないといけなくなったりするリスクも考える必要があります

まとめ

人生100年時代を迎え、退職金というのはとても大切な資金源になります。
この資金をどう使うか、どう運用できるかで老後が安泰かどうか左右するといっても過言ではありません。

銀行に限らず、金融機関の無料相談の裏にはセールスがつきものです。
知識があれば、『それはいりません』ということがわかるし言えると思うのですが、
知識を持たずに行くと、セールスのプロである金融機関のセールス担当者の巧みなトークにうっかり騙されてしまいます。

一番避けたいのは、銀行から提案されたから安心 とよくわからず保険や投資信託、ラップなどに契約してしまうことです。老後の大切な資金、納得のいく運用方法でお金にも長生きしてもらうことが大切です!

お金を貯める、資産運用について個別コンサルティングを承っています。
詳しくは⇒こちら
おぱんはどんな人⇒こちら

お金の話をしたい方、気軽にお金についてお問合せしたい方、お友達になりませんか?
セミナーの先行のご案内やプレゼント企画も考えています↓(#^.^#)
ご登録はこちらから↓

友だち追加

または@abq3861hで検索お願いします!

 

 

↓Twitter始めました。ブログ更新情報もすぐわかるのでオススメです!

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント