40歳で1000万円貯めると金融資産1億円が見えてくる

こんばんは✨

はじめましての方はこちらから→プロフィール

今日は普通の人が40歳から金融資産1億円を築くために必要なことについて考えてみました
今日の記事はこんな方のお役に立てます
・富裕層になりたい方
・経済的自由を憧れている方
・金融資産1億円は会社員では無理と思っている方

資産運用をする理由は当然資産を殖やしたいからだと思います。金融資産1億円あれば、安定的な3%の運用でも300万円/年のリターンを得ることができお金に振り回されず、経済的自由になるための一つの目標と言えるのではないでしょうか。

金融資産1億円は日本ではどれくらい存在するのか?

野村総合研究所では保有金融資産額により下記のように分類しています。
・超富裕層:5億円以上
・富裕層:1億円以上5億円未満
・準富裕層:5,000万円以上1億円未満
・アッパーマス層:3,000万円以上5,000万円未満
・マス層:3,000万円未満

金融資産1億円以上は富裕層に該当し、日本では2.3%約120万世帯いて、その多くが経営者とのことです。

アラフォー会社員が今から1億円を目指すには

40歳の時点でいくら保有しているか で変わってきます。

①金融資産0の場合

老後を65歳~と考えると40歳から25年で1億円を貯める必要があります。

・預貯金では

1億円÷25年=400万
400万÷12ヶ月=333.333円

と計算でき、毎月約33万円の積み立てが必要です。40歳までに金融資産を貯めていない方がいきなり毎月33万円の積み立てができるかというとほぼ無理ということになるかと思います。普通の会社員が毎月33万円という金額も現実的ではないですね。

・5%で積み立て投資をすると

シミュレーションを使うと、

となり、毎月約168,000円で1億円に到達します。複利効果によりかなり1億円に近付きますが、25年168,000円積み立てるということと5%というリターンを続けることは結構ハードルが高いかと思います。

②金融資産1,000万保有している場合

・預貯金だけで貯めようとすると

1億円-1千万=9000万円
9000÷25年=360万円
360万円÷12ヶ月=30万円

40歳で金融資産が1千万あっても、預貯金だけで1億円はやはり難しそうです。

・5%で積み立て投資をすると

40歳で金融資産1千万を初期投資し、25年5%で積み立て投資をするという条件でシミュレーションしてみました。

毎月約112,500円で1億円に到達します。
だいぶ現実的な積み立て金額になってきました。

まとめ

サラリーマンが老後に1億円目指すには 40際の時点で金融資産がゼロという場合、いくら資産運用をしても通常の運用では1億円を達成するのは難しそうです。
40歳で1,000万以上貯めることができれば資産運用することで、ぐっと1億円に近付きます。もちろん40歳で金融資産が1,000万あっても、その後5%の資産運用で毎月112,500円という積み立てが必要となり容易な金額ではありませんが、40歳までに1,000万円貯められた方は、お金を貯める習慣のある方だと思うので不可能ではないと思うのです。
また5%のリターンが確保できなかったり、時には積立できない月があっても充分富裕層である5千万~1億円は充分達成可能な金額になります。

普通のサラリーマンが1億達成するには

若い方は、まずは40歳までに1,000万を達成できると1億円も夢ではなくなります!
40歳で1千万ある方は、資産運用をすることで1億円が現実的に近づきます!

1億円というと夢のまた夢 のように見えますが、会社員でも不可能ではないということです。老後に何千万必要 という金額を見ると気が遠くなってしまいますが、早くに気付いた方は期間と資産運用という武器によりどなたでも可能性が出てきます。

↓インスタ始めました。趣味や旅行やグルメといった日常の発信もしています!

Follow Me

↓Twitterもしています。ブログ更新情報もすぐわかるのでよかったらフォローお願いします。

   

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
投資信託 にほんブログ村


女性投資家 ブログランキング

コメント