住宅ローンの完済年齢が上昇!平均73歳を見て考えたこと

いつもご覧いただきありがとうございます✨

老後の資産に3,000万円差がつくOL資産革命『マネーレボリューション』の美伽です(^^)/

エクセルシートに入力するだけ♪
LINE@ご登録で『老後のお金早わかりシート』を無料プレゼント中🎁


↑こちらからお友達登録のうえプレゼントを受け取ってください(*^^*)

さて先日、日経新聞で住宅ローンの完済する年齢が上昇しているという記事を拝見しました。
それを見て考えたことです。

住宅ローンの完済年齢が上昇!平均73歳を見て考えたこと

日経新聞の記事がこちらです↓

定年退職後も住宅ローンを返済し続ける高齢者が増えそうだ。日本経済新聞が住宅金融支援機構のデータを調べたところ、2020年度の利用者が完済を計画する年齢は平均73歳と、20年間で5歳上がった。借入時の年齢や金額が上昇しているためだ。70歳まで雇用が継続されても年金生活は不安定になりかねない。貸し手も借り手も老後リスクを吟味する必要がある。
(日経新聞から引用)

2020年度に住宅ローンを組んだ方の完済する年齢が平均73歳と、20年間で5歳上がっているとのことです。
最近では結婚する年齢も上がっているのでそれに伴って住宅を購入する年齢も上昇しているということですね。
現在コロナ禍でただでさえ、住宅ローンが支払えないという方が増えているのに、これから借りる方が73歳まで支払い続ける・・・というのはとてもリスクが高いのではないかと考えます。

これから住宅ローンを組む方がリスクとして考える必要があると思うのは、

・いつまで働けるのか
⇒現在は人の寿命より会社の寿命のほうが短くなっています。
73歳どころか40代50代でリストラに合う可能性も十分ありえます。

・収入が減るリスク
ひと昔前は年齢が上がるほど収入も上がるという年功序列でしたが、現在はジョブ型雇用の導入により仕事内容により収入が決まる制度に移行しつつあります。
年齢が上がれば今より収入があがると見込んで住宅ローンを組むのは危険ということですね。

・老後のリスク
昔は退職金で住宅ローンを一括返済して、その後は公的年金で生活できていました。
しかしこれからは退職金ももらえるかわからないし、公的年金をもらえる年齢も現在より上昇している可能性が高いです。
退職金や公的年金をあてにした住宅ローンは危険と言えます。

・不動産価値は下がる可能性が高い
今後は少子高齢化がますます進みます。
一部の値上がりする物件以外はほとんどの物件が値下がりする可能性が高いと言われています。
住宅ローンの支払いがきつい・・・となっても売るに売れないということがこれからますます起こる可能性が高いです。

このようなリスクから、
住宅ローンの返済計画は慎重に立てる必要があります!住宅を購入する時には、数千前円という大きな買い物でありながら衝動買いというケースが多くあります。
みんなが35年ローンだからとか
退職金でどうにかなるかとか
これから収入も上がるし・・・
というような楽観的な見通しで借りてしまうと取り返しがつかないことになってしまいます。私も新築マンションを購入しているし、
特に住宅を購入すること自体はとてもよかったと思っていますし、
どこに住むかということは人生の幸福度を決める上でも大切だと考えます。しかし、幸福になるために住宅を購入したのに、
住宅ローンの返済で苦しみ結果不幸になってしまうのであれば本末転倒です。ですので幸福を得るためにも、
”住宅ローンは無理をしない”
ということが大切だと思います。収入の25%を超えるようなローンであれば、
幸福をおびやかす可能性もあることを思い出し、
分不相応と諦めることも必要なのではないかと思います。

まとめ

今日は住宅ローンの完済年齢が73歳に上昇しているという記事を拝見し考えたことをまとめました。
住宅ローンは今後の人生を左右するくらい影響を与えるものです。
自分の住みたいところという理想だけでなく、
支払いのバランスも考えてトータルで自分達家族が一番幸福でいられるようにしたいものですね。

老後のお金の準備を始めたい方はぜひ下記から、
お友達登録くださいね!
『老後に備えるお金がわかる計算シート』をプレゼントさせていただきます🎁

↓ ↓ ↓


↑こちらからLINE@にご登録できます(*^^*)

過去記事もどうぞ→ サイトマップ

今日も読んでいただきありがとうございました♥️
ポチっと応援していただけると嬉しいです(◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
家計管理・貯蓄 にほんブログ村


節約・貯蓄 ブログランキング

コメント